酒 処 c o u n t e r チルアウト日記

2020年12月14日

新しいお酒を求めて…

先日訪れたお寿司屋さんで、日本酒の仕入れを担当している女性と話が盛り上がりました。

彼女は下戸(飲めない)にもかかわらず、あちこちの酒屋さんを回ってお酒の勉強をして、お客様に提供しています。

いつ・誰にどんなお酒を提供して、どんな感想だったかを書き留めているそうです。

ノートやスクラップしたラベルを見せて頂いて、
思いました。
「飲んだことの無いお酒ばかり…」と。

そう言えば最近の仕入れは、近くの酒屋さんでばかり済ませていたので、銘柄に新しさを感じなかったと思います。


反省して、新しい酒屋さんを探して訪問してきました。

EA99E475-4092-4F9E-8552-3C74EBD201A3.jpgB34CEFD2-0DA4-466E-BBE7-446276BA8E27.jpg

浅草橋の日本酒専門酒屋「SAKE Street」さん。

店主のさんは金融関係のお仕事から一転して、日本酒専門の酒屋さんを立ち上げたそうです。

2A71671C-8502-48F6-9D2C-576D4CD6E0B9.jpg212C0A92-A11B-4A36-AC65-3DAC1CFE87BB.jpg949781D8-13FB-4936-B7F7-ED28E2E5C1B8.jpg

こちらで購入したお酒です。
すでに全部終わりましたが…。

昨日は千駄木の伊勢五商店さんへ伺いました。
B8B64734-A5BD-4B10-93B7-5BF3BC37C39F.jpg

以前にも伺ったのですが、あいにくお休みでした。それから2〜3年経過しているので、お店がキレイになっていました。

文京区千駄木の住宅街の中にあります。
やはり文京区は落ち着いた住宅街ですね。
文京区生まれなので懐かしさを感じました。


日曜日のお昼過ぎですが、10人くらいのお客さんが来てました。
皆さん、ずらっと並んだ冷蔵庫の中の銘柄を熱心に見ていました。

私は予めどんな銘柄があるか調べてから伺ったので、720ミリを5本選びお会計へ。

なかなか手に入らない銘柄もありましたので、どうぞお楽しみに

☆年末の営業
17(木)・18(金)・25(金)の営業です。
24(木)は休業します。
年始は7(木)からです。
宜しくお願い致します。
posted by counter at 12:02| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

酒と肴

今日はお酒は4銘柄開けました。
原田はやや濃醇、久しぶりの紀伊國屋文左衛門は酒質が変わった?
山形の弁天の新酒はスッキリフレッシュ、臥龍梅の五百石石も久しぶりで美味しい。

FCC6B51B-63C2-4DC3-A62F-3806D1C63E63.jpg14EBF064-C46A-48F3-BACF-8988C533EB2B.jpg6E72335D-4DB0-4879-9CDF-D0061528F472.jpgF8D6C9E0-DD37-4728-9238-AC12ED790088.jpg

肴は、豚汁に陸前高田の大粒生牡蠣、筑前煮に自家製鮭の粕漬け。
この酒粕は私が一番美味しいと思っている群馬県前橋市の町田酒造さんの酒粕です。

D2EC75B2-4007-48D4-888F-4B5FA0A64C55.jpg3119367E-1DAC-4240-8B48-923FE3278063.jpg8728F0D7-BC15-4A77-998F-31492B734C88.jpgC210C44E-600A-4BB0-B970-D7A153C55FDE.jpg

お料理の写真は常連さんよりお借りしました。
いつも美味しそうに撮ってくださり、ありがとうございます。
posted by counter at 10:51| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

内輪だけの忘年会

毎年開いている常連さんだけの忘年会も、今年はなかなか集まりにくく、ご来店頂いている方だけしかお声がけも出来なくて、8人で開催しました。
浅草の本鮪を扱う太助寿しさんの大広間を8人で貸し切りしていただきました。

06280EAB-A84D-4443-84D5-51B0256C6A04.jpg

お料理です

B044BA31-A91E-4392-8969-26E71486AF0B.jpg
8C09DBA2-6F76-4CDD-8CBF-248626678A93.jpg
8666449B-E4E2-4817-BFE0-9D35B850451F.jpg99859E73-5390-4559-934F-901D67494B0C.jpgB5089EED-9773-436D-844D-FC44C5D21DA0.jpg
02AB5E68-4E26-4A6E-B326-5E439F861821.jpg

この他にも茶碗蒸しや、すき焼きの小鍋仕立てなど盛りだくさんで、お酒と共にじっくりとたのしみました。


お酒は、こちら。
590B222D-1574-4407-B963-166839B1FCF2.jpg

左から、
森嶋 (茨城) 純米吟醸 美山錦
微発酵でピチピチ感があり、美山錦の酸が心  地よく、乾杯酒に適してます。

紗利 (福井)純米大吟醸
魚貝に合わせて作られたお酒です。
スッキリしていながら旨味も感じます。

至  (新潟)純米吟醸 山田錦
スッキリした食中酒。飽きの来ない、ずっと  美味しく飲めるお酒。

善吉 (長野県)辛口純米 美山錦
同じ美山錦でも+6の辛口なので、美山錦の甘  い酸は感じなくあくまでもキリッと辛口。

天寶一(広島)特別純米 八反錦
日本酒度+3、酸度1,5の割には、旨味はあるが  重たく感じた。

沙利は福井の酒屋さんからの取り寄せで、これだけは持ち込み。他の4合瓶はすべてお世話になった浅草太助寿しさんの利江さんのセレクトです。

26671DE9-E896-4F82-8926-5919D1E9CACD.jpgF0FD32DA-0DC8-43FF-A48E-640ED2B8D8E2.jpg
利江さんが書いてくださったお酒の説明です。

遠い茨城や長野まで足を運んで、お酒を選んでくださいました。
すべて初めて飲んだお酒で、どれも大変美味しくて満足でした。
太助寿しの皆さま、利江さん、ありがとうございました。感謝です!



posted by counter at 17:28| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

飲食店はまた時短です

東京都から、11/28〜12/17までの間、22時までの時短営業を要請されました。
当店もこれに倣います。

この要請が出た事で、一層テレワーク率が高くなり、ご出勤の方も真っ直ぐに帰宅される事でしょう。

年末に時短営業では本当に飲食店は辛いです。
今週は木曜日は営業、金曜日は都合により休業とさせていただきます。

B999DFA9-CE90-450D-B74D-87DB250E418A.jpg5BD5193C-D572-4941-AD69-414F2020985F.jpg

posted by counter at 15:17| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

コロナ第3波

コロナの感染者が拡大し始めました。
警戒度も最高に上げるのだとか。

飲食店の時短要請などが出たら、忘年会を控えて
いる今、どこのお店も絶望的になりそうです。

counterも少しずつお客様が戻って来たかな?というのも束の間、また減りだしました。
今日もご来店が分かっているのはお一人です。


皆様から「辞めないで〜!」と言われるけど、
1日1人や2人のお客様が続いては…というのが本音です。

コロナで一見さんはお断りしているため、顔馴染みの常連さんが頼りです。

今日は、最近見つけた新しい酒屋さんからのお酒が入ります。
お肉たっぷりの手作りコロッケも作ります。
他は、まぐろの山かけや金華鯖の文化干し、オスのししゃも。

皆様のご来店をお待ちしております。

BA674B38-F89D-4B7E-99F7-8FBCC788C4A5.jpgE9B85349-6539-4AD3-B645-A04B60EDB9B8.jpg
1BBA47F4-D0BF-47BB-82CA-AB8C543F68E6.jpg

posted by counter at 09:55| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

白菜漬け

白菜漬けをしようと思って、土曜日に道の駅で白菜を1つ買いました。

帰って来てから、4つ割にして干そうと思ったら、なんと青虫がたくさん出てきて、外側の歯を何枚も落としました。
青々とした葉は無くなってしまいましたが、干しました。

6EC9BB02-1F94-464E-8488-69626B498B39.jpg

そして先ほど、樽に漬け込んだところです。

39519049-7F33-4259-B325-508A6F433B2C.jpg

初白菜漬け。
少量なので、無くなったらまた漬けようと思います。
posted by counter at 08:55| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大洗

土曜日、
「お昼は、お寿司を食べよう!」
の言葉に乗せられて、仕事で大洗へ行く夫に同行しました。

30分くらいで用件が済み、海辺の町のお寿司屋さんへ。

8601F87D-07D2-4BBE-ABF2-4F8E5A66B060.jpg

ランチのにぎりですが、ウニもイクラも入っていて美味しかったです。

そのあと近くの、酒列磯前神社(さかつらいそさきじんじゃ)へ寄ってみました。
酒列と酒の文字が入っているのが気になったのですが、元々は大洗の磯前神社と付いの神社らしいです。

C0219BF0-2632-41CF-84BA-03316F35ED1B.jpg118B62A3-6877-4EBA-898A-18EFD468BF76.jpg
創建は856年とかなり古く、
大洗に降り立った大名持命(  おおなもちのみこと)と少彦名命(すくなひこのみこと)の2神が国造りを行い、大名持命が大洗に、少彦名命が酒列に祀られ両者の創建になったという。

酒列の酒は、後から酒の神様を祀ったそうで、
そういえば境内にこの地方の酒造の酒樽が飾られていました。

50A03D3D-4A6B-432D-BDEA-A07745B4001C.jpg

こちらは大洗の磯前神社です。
参拝者も多く、七五三の姿も見られました。

91B579C4-B0B2-4BB6-9BF1-93A215D4408A.jpg

海岸に立つ鳥居です。
この日は穏やかな海でしたが、岩礁に波が立つのを待って撮影しました。
鳥居の上の白い鳥はカモメでしょうか?

718980AB-FE49-4EA6-BA2C-D224617A5761.jpg

多くの人が鳥居の写真を撮っていました。

海の景色を見ると爽快になりますね。
しばらくボーッと眺めていました。

この日は車の運転もしました。
大洗の町と、帰りの高速道路を半分くらい。
駐車も2回しました。大丈夫そうです。
でもまだまだ都心は遠慮しておきます。
15年のブランクは長いです。
posted by counter at 08:47| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

今年もからすみ作り

昨日足立市場で、立派なボラ子を見つけたので今年のからすみ用に購入しました。

10月半ば辺りからボラ子が出始めていましたが、思うような物が見つからなかったので、今年はやめようかなぁ…と思っていたのですが、ツヤとハリと大きさに一目惚れです。

6A5C8E96-D8C2-4AA2-9CB7-1EC2CE159F64.jpg

赤い血の筋に針を刺して、血合いを抜いていきます。

1EED4C34-177E-4388-B346-DDCBE53D03E6.jpg

ここからもう少し頑張って血合いを取りました。

水気を拭いて、2種類の塩をブレンドして塩漬けします。

E4940B2E-ECD3-4B21-9E63-3F722CD71614.jpg

たっぷりの塩にまぶして2日間寝かせます。
続きはまた…。

からすみご希望の方はお早めにご連絡ください。



昨日と今日は、おでんでと白子ポン酢で一杯!です。
621A50EF-950C-448C-8365-130B0A0D3EF6.jpgDD0B9FE3-45F0-48DC-82AF-AD6A570084E8.jpg
CDBE6B20-E808-4CEF-9AB6-0EB62D4870CD.jpg2BCE0952-5DA0-4D43-9774-352093401E64.jpg
posted by counter at 13:47| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

仙鳳趾(昆布森)の牡蠣

今年初めて足立市場で、昆布森の牡蠣を見つけました!

881F0121-C15C-4B1D-B940-49354AB40571.jpg

counterの常連さんにはお馴染みの昆布森の牡蠣。

正しくは、仙鳳趾の牡蠣。


厚岸湾の突端に近いところで、潮の流れがキツいため、ここの牡蠣は身が締まりプリップリで殻に対して身も大きいのが特徴です。

その上、甘くて濃厚でコクのある味わいは、
「昆布森の牡蠣を食べたら他の牡蠣が食べられない」とまで言わせてしまいます。

本日はご予約の方があり、営業いたします。
このブログを見て、是非食べたい!という方はご連絡ください。
posted by counter at 10:39| Comment(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

ヒラメの5枚おろし

昨日は足立市場の青木さん(仲卸)から、1kgのヒラメを購入。

久しぶりに昆布締めをしようと思い、まずは5枚おろしに…。

358DBF07-5553-4C25-AF2C-75C156A22C2C.jpg

こんな感じでおろしました。
これしか写真を撮っていないのですが…。



皮をひいて、両面に軽く塩をして20分冷蔵庫で寝かせます。
キッチンペーパーにお酒を湿らせて昆布を拭きます。

次にヒラメの身をやや厚めのそぎ切りにして、昆布の上に並べて行きます。
並べ終わったら、また昆布でサンドしてラップに包み5時間以上寝かせます。



91D4ED24-C81B-4228-8451-3CA38DA9B05A.jpg

お客様が撮ってくださった写真です。
2日目くらいが塩も昆布も馴染んでちょうど良いと思います。

ヒラメの出汁茶漬けなんて美味しそうですね。

posted by counter at 09:39| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする