酒 処 c o u n t e r チルアウト日記

2020年09月23日

ひやおろしの会

9/17・18日に、ひやおろしの会を開きました。

837253D0-F092-4DA8-9C5E-340C7FEF7E38.jpg

左から
七賢   山梨
月山   島根
春鹿   奈良
白岳泉  福井
大信州  長野

です。
偶然ですが、ラベルの色が似ていますね。
秋🍁のイメージなんでしょうか?


お料理は、
生海苔のお味噌汁

鰆のマリネ・さつま揚げ・アスパラの胡麻和え
にんじんのラペ・いぶりがっことクリームチーズ

馬刺しとイカのお刺身
5AFDC95D-EBFF-4B47-8427-080BAACC9BE8.jpg


芋煮風煮物
78559B48-33E6-4372-97BC-1593E00AFCED.jpg

鯖のみぞれバターソース掛け
48F08775-76D4-46DE-AD7B-3F094745297C.jpg

野沢菜となめ茸の炊き込みご飯とぬか漬け


お酒とお料理で、お一人様6千円。
たいへん喜んでいただき、ホッと致しました。

次回は「日本酒の日に乾杯」を10/1・2日に開催します。
10/1(木)は2名様の空きがございます。
ご希望の方は、

bar.counter0209@gmail.com

までご連絡ください。



posted by counter at 07:47| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

豊盃 夏ブルー 純米吟醸まで

久しぶりに豊盃(青森)を手に入れました!
青森や岩手のお酒は、ドスンとした重みのあるしっかりした物が多いので、counterでは敬遠がちですが、夏向きのお酒…に期待がかかります

1774B851-1EB9-4DA6-9286-57E922809152.jpg

涼しげな青い瓶とラベル。
酒米は「美郷錦」
父は美山錦、母は山田錦から栽培された、東北地方向きの酒米だそうです。

飲んでみました!
キンキンに冷やして飲むと、イメージ通りの爽やかな酸味とキレが、喉の奥へスゥーッと流れていきます。

少し温度が上がると、豊盃らしいコクと旨味も感じます。

この日は串カツや真蛸のお刺身と合わせてみました。


60388628-BC99-4F13-86AF-C0817904547F.jpg
301269AD-8E49-4084-9250-5F29F2DA7D0E.jpg

今週は、30日(火)と3日(金)に営業致します。
宜しくお願いします。
posted by counter at 12:49| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

山形の生酒頒布会 2020

今年も山形県酒類卸(株)さんから、生酒頒布会のご案内をいただきました。
毎年継続してご愛飲の方も多く、「どれを飲んでも美味しい」と大変好評を頂いております。

5・6・7月は、300ミリが6銘柄。
8月は、くどき上手と雅山流の大吟醸720ミリが各1本です!

6D06321B-6E47-4C3E-A61E-E88789037516.jpg
32E83D10-6157-4EC6-85A0-F578EA2BDD26.jpg
5D21FDC6-8721-4F0A-902F-45BF61A98564.jpg3C2A3D63-E1F9-4C52-9DB2-F94056273570.jpg

5・6・7月の3ヶ月コースは、送料込み12,870円
プレミアムの4ヶ月コースは、送料込み17,160円
です。

東京でこちらを扱っているところも少ないので、レアなご紹介です。

お申し込みは、代金先払いで4/8(水)までとなっております。宜しくお願い致します。
posted by counter at 11:24| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

燗酒

昨日は、2名柄の日本酒を燗酒にしてみました。

1つ目は酒屋さんで勧められた灘の「大黒正宗」。

2A526E6C-98A4-4956-BF65-33B9F179CFD7.jpg

先週、43度まで上げて試したところ、個人的な感想ですが、あまり気に入りませんでした。
冷やで飲んでみると、山田錦の旨味はやや感じるものの、灘の男酒

…で、もう一度やってみる。
43度に上げてから燗ざましで飲んでみると、少し風味が出て柔らかくなった感じはします。
酒屋さんは「燗酒がお勧めです」と言ったけど、特に感動なし。これは燗酒にしなくていいお酒ではないのかなぁ?
酒屋さんは、ちゃんと飲んで試しているのかしら?



気を取り直して2名柄目は、秋田の「雪の茅舎」。

EACCBB00-057A-406D-8E01-D02DF714F280.jpg

そのまま飲んでみると、山廃純米の豊潤な旨味があったので、生酒ですが思い切って燗にしました。

40度で一度試飲。膨らみが足りないかな?

2度上げて42度で再び飲んでみると、
ふわぁ〜っとした旨味・甘みが鼻に抜けて心地良く「これは正解❗️」と思いました。

常連さん皆さんで、燗酒の試飲をしていたのですが、全員から感動の声が聞こえて…「あー良かった!」。

美味しい燗酒に出会えれば、とても幸せな気分になります。
これからも是非いろいろと試して行きたいと思います。




posted by counter at 11:56| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

日本酒いろいろ

最近の日本酒です。

D2149EDB-0C6C-4453-8138-2B9C7401C0CE.jpg
久しぶりの羽根屋。
最近は手に入りにくくなりました。

2FB53DD4-55E5-4DFC-81D9-67A1280AD202.jpg
安定した美味さの黒牛の純米酒。

AEC017CD-4FCF-48F7-AF6C-4B24A25ABCBF.jpg

お正月に上田で買って来た豊香。
開けるのが楽しみです。

2F5FD972-7B2A-4676-AC18-7B960A7658DC.jpg

counterでは珍しい開運。
お正月なので、幸先良いように…。

9CF549AE-9448-4915-96C4-CCB7C21DEC8D.jpg

山形、六歌仙さんの山法師。
こちらも安定した美味しさですね。

91AF1917-455F-4447-9597-DBA2300C1415.jpg

写真ではどこのお酒かわからないけど、こちらも山形の楯野川。
純米大吟醸しか作っていない蔵元さんですね。



さて、今日はどれをあげましょうか。

肴は、蛤のお吸い物に、馬刺し、いり鶏、金目鯛の煮付け、白子のバター醤油焼きなど。お酒が一層美味しくなります様に…。
posted by counter at 17:35| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

今年最初の日本酒は…

昨日から今年の営業が始まりました。
今年も宜しくお願い申し上げます。


新年最初の日本酒は、山形県米沢市の新藤酒造さんの「雅山流  影の伝説」です。


7F5A8D74-572A-41A8-8D01-C46AC6D983C2.jpg

以下は新藤酒造さんのFacebookより引用させて頂いた解説です。



「2年振りに引っ張り出した7号系自己分離酵母で造った美山錦の大吟醸、超旨いがった!!
クリーンで酢イソほんのり香るトラディショナル大吟醸。うちの蔵では40年前にじいさんが造った特急以来だな!(笑)
その年自分の飲みたい物を造っている影伝シリーズで数量限定販売中!
(原文のまま)



注釈
酢酸イソアミル(酢イソ系)
 バナナを思わせる香り。
 この香りは、お酒を口当たりがやさしく、やわらかい味わいにする印象です。
 香りも甘さも控えめなので、食中酒向きのお酒です





という社長さん自らが絶賛されていらっしゃる日本酒を、counterとしては見逃す訳にはいきません。


昨日ご来店のお客様と乾杯して頂きました!
「とても罪なお酒」でした…。




社長さんのおっしゃる通り、なんとキレイな大吟醸なんでしょう!
すぅーと喉を通過して行きます。


目の前を絶世の美女が通り過ぎて行ったかの様な…。
間を置いてから「今のはなに?」という感じです。

私が多くを語るより、とりあえず飲んでみて下さい!!


今日は寒いので鱈豆腐鍋と、変わったところで、サメの心臓のお刺身です。

posted by counter at 13:59| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

水芭蕉の永井酒造さんの会の日程は…


水芭蕉でお馴染みの
群馬の永井酒造さんの会
日にちが抜けていました!

11月29日((金)
1部  18:00〜20:00   9名様  先着順
20:15〜23:00  通常営業

です。
宜しくお願い致します。


posted by counter at 15:06| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

お酒の会のご案内

来週の金曜日8日は、鶴齡でお馴染みの新潟の青木酒造さんの会を開きます。


55968679-42CA-477C-879A-237057ACBCCE.jpg

1部(18:00~20:00)は、満席ですが、20:15~は通常通りの営業になります。
3銘柄になりますが、青木酒造さんのお酒も飲めますので、是非お仕事帰りにお立ち寄りください。




そしてもうひとつお酒の会のご案内です!

水芭蕉でお馴染みの、群馬県の永井酒造鰍ウんがお酒の会を開いてくださいます。


534DBE01-3D75-482B-957A-8BA855425DE7.jpg

1部は9名様、2部は通常通りの営業になります。
こちらの会も、2部でも水芭蕉のお酒は飲んで頂けます。(3銘柄)

1部は先着順でお受け致します。
会費は、税込5,500円です。
宜しくお願い致します。


posted by counter at 12:54| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

広島研酒会に参加してきました!

14日大手町で開かれた「広島研酒会」に、広島県出身の方と一緒に参加させていただきました。
広島県の27の蔵元さんが集まり、各ブースでの試飲と、1回20分ずつのワークショップでのお話が各回6蔵ずつ、4回に分かれて開かれていました。

目指していた「雨後の月」さんのワークショップは到着時にすでに満席。


では他の蔵と…。酒質から東広島市の「賀茂金秀」さんを選びました。

29AAAB1D-B12C-47DC-89D0-18606539CC03.jpg4C3ADC75-C83E-45F3-B909-663A4592EF4E.jpg

注いでいただいたのは、純米吟醸。
賀茂金秀は純米酒のみを作っているそうで、お米は岡山県産の雄町。

ひと口口に含むと、シュワっとしたガス感と甘みと酸味を感じるキレイなお酒です。
井戸から汲み上げられた中硬水が、ガスが残りやすいのだそうです。
女性に好まれる1杯目のお酒…という感じでしょうか。



次は入場した時に引いた抽選で当たった
「富久長」さんです。
こちらも人気の蔵元さんなので、ラッキーです!

26F2C872-6A34-4918-B43F-B56FFDD92A48.jpg

こちらが杜氏で代表取締役の今田美穂氏。
女性杜氏として、とても有名な方です。


富久長さんのワークショップのテーマは、「八反草を追いかけて」

「八反」は明治時代に育成された品種で、痩せた土壌にも適し、比較的大粒で心白のあるものだそうです。
これを農業試験場で何度も品種改良し、昭和59年に八反錦が生まれました。

この元になった八反草から醸したお酒を5銘柄飲ませていただきました。


446C0314-1B06-4E89-8432-7E26677BE1B3.jpg

最初は、復活米八反草の純米吟醸と、八反草×山田錦の純米吟醸の飲み比べです。

4C299BE6-20D3-4371-8238-D6310E5E43C3.jpg
こちらは八反草の純米吟醸。
これ、スッキリした味わいで美味しかったです。ずっと飲める食中酒です。
八反草×山田錦は、山田錦の華やかさが目立って、八反草が感じられない。
華やかな旨みが好みの方は、こちらが好きだと思います。

次はこちら。

E9CE5974-46E0-41DE-925E-AA925A91D1C0.jpg

このお酒は、今年の春公開されたドキュメンタリー映画「カンパイ !日本酒に恋した女たち」でコラボして造ったお酒です。

八反草のもつ、グリーンでボタニカルな特徴を生かしたお酒だそうです。
口に含んで見ると、爽やかな香りとスッキリした味わい。アルコール度数も13度と低めの設定で、ハーブやグリーンサラダと合わせての設定だそうです。

7E0BBC2F-1543-4263-AA1E-50D447DC1269.jpg

こちらは純米大吟醸の飲み比べ。
八反草100%と、八反草×山田錦。
最近山田錦をあまり飲まなくなったせいか、やはり八反草100%の方が好みです。

ちなみに八反錦を使ったお酒は他の蔵でもありますが、八反草は富久長さんだけが使用している酒米みたいです。

富久長さんのワークショップは、とても有意義で楽しかったです。



最後にcounterでもたびたびお出ししている「誠鏡」さんのワークショップ。
今回の広島のお酒で、一番お会いしたかった蔵元さんです。

DA348393-D71C-4661-9084-90519EB8124E.jpg

誠鏡さんのワークショップでのお話は、四代目蔵元が発見した、酒母仕込み法の1つである高温糖化酛のお話。今では全国で広く用いられる醸造技術です。

これにより独自の酵母を100%活かせることになり、四代目は全国の蔵元を訪ね歩き、また自然界から無数の酵母を集めて、研究を重ねたそうです。

その中からリンゴの皮から採取した酵母を使い、醸したお酒を造り出しました。
抜群の芳香と爽やかな味わいを生み出す酵母であったことから誠鏡さんでは「リンゴ酵母」と名付けたそうです。

まだ吟醸系の協会酵母がが存在しない時代にまさに先駆けの吟醸酵母として、それ以来今日まで受け継がれています。
この酵母を使用した純米大吟醸「まぼろし赤箱」を試飲させていただきました。

A9DE8EF8-7749-4662-AEEE-977AAA960AFE.jpg

昭和49年に復活させて販売した純米大吟醸「まぼろし」(赤箱)は、当日としては破格の1升瓶8,000円という設定ながら、品不足を招くほど全国で評判になったそうです。

爽やかな香りと味わい、キレ・旨み・甘み…まさに誠鏡さんらしいお酒でした!


純米吟醸の幻は、平成9年に発売され、吟醸酒としての華やかさと、食中酒としてほ味わいを追求したおさけだそうで、酵母は9号系・酒米は広島県の酒造好適米「八反錦」を使用しています。

誠鏡さんのお酒はいつも変わらず、安定感のある旨みとキレが特徴だと思います。
そのうちに幻の純米吟醸もcounterでお出しします。


15697687-58C6-4B9E-8359-173306AFDC2E.jpg
七代目の社長さんになる方と。
counterでもファンの多い誠鏡さんです。
お酒の会が出来たら嬉しいですね。




4AAC75F1-3DEE-401E-9E11-E76E0994C6C9.jpg286957AE-3EBC-4BC8-B6DB-FFB32B3D4A5E.jpg28308085-27F5-42B3-BAC8-718F863579C2.jpg


「広島研酒会」良い会でした。

















posted by counter at 10:34| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひやおろしの会を開きました!

9月に入って、続々とひやおろしが出回って来ました。
今年も常連さんを中心に「ひやおろしの会」を開きました!

今年は6銘柄と決めたのですが、予定していた銘柄がまだ出ていなかったりして、だいぶ悩みました。
いつものcounterのお酒はなるべく省いて、counterらしくないのを揃えてみました。
飲んだことのない銘柄にも挑戦です。

C389F999-08E9-44EF-A8D1-3B189F0A2604.jpg

乾杯酒は水芭蕉(群馬)の純米吟醸。

73F7FE18-7779-4626-AC37-2A82BC7A52EC.jpg

酒屋さんオススメの1本なので、こちらのお酒を乾杯酒にしました。
1杯目に良い、キレイで爽やかな旨みのあるお酒です。

次は、惣誉(栃木)の純米大吟醸。

85D0A6D2-2914-490A-B88C-BEA102068B07.jpg

こちらも別な酒屋さんのオススメのひやおろし。counterではあまり入れない栃木のお酒です。思ったよりしっかりとした純米大吟醸でした。


3銘柄目は、神心(岡山)純米吟醸
嘉美心酒造さんのお酒です。

24C9F08B-C4D9-4925-BD3D-08F080AC117C.jpg

舌に乗せるとピリッとした感じがしたのは私だけでしょうか?
そのあとに旨み・甘みを感じましたが、飲んだことのない味でした。 



次は秋鹿(大阪)の純米吟醸。
秋鹿はスッキリとした辛口の食中酒です。
最近はなかなかお目にかからないので、counterでは久しぶりです。

204BD656-80EE-4DEA-813E-F10D0912CA9D.jpg

思ったとおりのスッキリ系。
最近の私の好みは、こういう飽きないお酒です。


次のお酒は、香川の川鶴。
香川のお酒もお店では珍しいですね。

6B8A3533-E1CA-4BE2-857F-15FB318BC2CC.jpg

麹米は雄町・掛け米はさぬきよいまいを58%に精米した2つのタンクのブレンドです。雄町の熟成された旨甘みを感じなからも思ったほど重たくない味わいでした。


そして最後はお馴染みの「黒牛」

F380547A-8D72-4274-8105-803CABD48445.jpg

やはり変わらぬ美味しさです!
スッキリとしたキレの中にも、甘みを感じる黒牛らしい旨みがあり、安定した味です。

23FDB02D-D290-4D1E-A050-F31B389756AF.jpg

酒の肴をはじめ9品で、ちびりちびり…。
お酒の強者ばかりの会になり、じっくりと味わっていただくことができたのではないかと思います。
ご参加下さいました皆様、ありがとうございました。


posted by counter at 08:54| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

今日の日本酒

今日の日本酒です!

2C05698F-ABA8-4C92-9BA2-5A58DCA69412.jpg

左から

初孫  穂の力 生詰
美山錦を55%まで磨いた純米吟醸生詰です。美山錦のキレが特徴です。年に一度の限定品。


伝心  雪  純米吟醸
福井の(株)一本義久保本店の伝心。
雪解け水が幾年もかけて地中に深く浸み込み、自然のフィルターを通して漉された後、酒造の井戸から湧き出て仕込み水として使われます。透明感に溢れた清々しい味わいです。

宮泉  純米酒
写楽でお馴染みの宮泉銘醸さんのお酒です。
綺麗なコメの旨味と甘味が広がったと思うと、ほどよい酸が広がりスッキリとまとめてくれます。福島の美味しい純米酒です。

今日は少し涼しいですね。
ゆっくり静かに日本酒、いかがですか?


posted by counter at 17:34| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

今年初のひやおろし!

ひやおろしとは…

冬の間に醸造されたお酒を、一度火入れをして低温で熟成させ、夏を越してから二度目の火入れをしないで、生のまま瓶詰めをして出荷するお酒を、「ひやおろし」といいます。
時間をかけてじっくりと熟成させているので、酒に丸みが出て、1年のうちで一番美味しいお酒となります。


今年もひやおろしの最初は、山梨の「七賢」にしました!
3年連続です。

81F0719D-B12F-4749-BBEA-87A90A30813D.jpg

七賢は、山梨県の北杜市にある山梨銘醸で作られているお酒です。

北杜市は、南アルプスの駒ケ岳の伏流水で有名なところで、近くにサントリー白州工場などもある白州町です。

2728F802-A2A8-4859-BCE3-A566F45F9CC4.jpg2D9564F2-6EC7-4A5A-9BAD-6ADAC1BBD780.jpg
1B7CFA9B-6B18-49DB-9948-BB64535E99EF.jpg

2017年7月に常連さんと9名で訪問しました。

その年の最初のひやおろしを七賢にしたところ、これがとてもまろやかで美味しかったことから、昨年も七賢、今年も七賢と決めていました!

それで昨日開けたところ、やはり七賢は水の良さを一番に感じます。

スッキリした中にも旨味・丸みがある…というか、「ザ・美味しいお水で醸されたお酒」という感じでしょうか。


まだ半分ほどありますので、月火曜日あたりは空気に触れて、さらに美味しくなっているのではないかと思います。

七賢のひやおろしファンは、どうぞ欠かさずお飲みください。

posted by counter at 08:49| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

福島のお酒

今週末の29(木)と30(金)は、SL広場で「福島の酒まつり」が開かれます。

1C4A5207-621C-4648-990A-4A2D957069F3.jpg

これに先立ち、「福島の酒まつりinニュー新橋ビル」が、本日26(月)〜30(金)まで、地下1階から4階の商店街の参加店舗で始まりました。


当店では、会津坂下町の豊国酒造の「真実」吟醸と、会津若松市の宮泉銘醸の「会津宮泉」純米を取り扱います。






posted by counter at 18:39| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

雄町サミットで優等賞❗️

町田酒造の夏純うすにごりを開けました!

FF5FE679-A2E0-4007-9F67-1B5B3D025D46.jpg

町田酒造さんの奥様で杜氏の町田恵美さんのFacebookで見つけた記事です!

【雄町サミット2019】
JAおかやま様主催の
雄町(酒造好適米)で造るお酒のコンテストで
優等賞を頂きました!

出品してから3年。初めての優等賞です。
綺麗に仕上げてくる他者さんのお酒の中で 、うちの雄町は味が多い気がして 優等賞は無理だなと思っていました。
なのでびっくりです。


雄町サミット、これです!

https://www.ssnp.co.jp/news/liquor/2019/07/2019-0802-1211-14.html




「counter日本酒初めて物語」の様な町田酒造なので、嬉しくなりました


町田酒造の中でも最近は雄町の愛飲者が増えているような気がします。

月曜日にはまだありそうなので、是非飲みにご来店ください。



posted by counter at 07:10| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

お酒の名前 「男山」

昨日の男山の続きを書きます。


まず「男山」という山はあるのか?
岩手・新潟・長野・京都・兵庫・岡山の6県にありました。

では地名は?
青森・福島・福井・京都2・山口2・徳島と、6県に8か所の地名があります。


お酒で「男山」といえば、一番に思い出すのが北海道の男山ですね。
昨日のブログで、全国に24の男山があると書きました。
その明細です!

北海男山 - 北海道旭川市にある酒造メーカー男山が製造する日本酒の銘柄。
陸奥男山 - 青森県八戸市にある酒造メーカー八戸酒造が製造する日本酒の銘柄。
千両男山 - 岩手県宮古市にある酒造メーカー菱屋酒造店が製造する日本酒の銘柄。
伏見男山 - 宮城県気仙沼市にある酒造メーカー男山本店が製造する日本酒の銘柄。
於茂多加男山 - 宮城県塩竈市にある酒造メーカー阿部勘酒造店が製造する日本酒の銘柄。
羽陽男山 - 山形県山形市にある酒造メーカー男山酒造が製造する日本酒の銘柄。
会津男山 - 福島県大沼郡会津美里町にある酒造メーカー男山酒造店が製造する日本酒の銘柄。
開当男山 - 福島県南会津郡南会津町にある酒造メーカー開当男山酒造が製造する日本酒の銘柄。
越乃男山 - 新潟県柏崎市にある酒造メーカー阿部酒造が製造する日本酒の銘柄。
根知男山 - 新潟県糸魚川市にある酒造メーカー渡辺酒造店が製造する日本酒の銘柄。
常陸男山 - 茨城県常陸太田市にある酒造メーカー太田銘醸が製造する日本酒の銘柄。
板東男山 - 茨城県取手市にある酒造メーカー賜杯桜酒造が製造する日本酒の銘柄。
武蔵男山 - 埼玉県さいたま市にある酒造メーカー小山本家酒造が製造する日本酒の銘柄。
武蔵男山 - 東京都青梅市にある酒造メーカー大多摩酒造が製造する日本酒の銘柄。
甲斐男山 - 山梨県北杜市にある酒造メーカー八巻酒造店が製造する日本酒の銘柄。
尾張男山 - 愛知県名古屋市にある醸造メーカー盛田株式会社が製造する日本酒の銘柄。
南紀男山 - 和歌山県有田郡有田川町にある酒造メーカー高垣酒造が製造する日本酒の銘柄。
兵庫男山 - 兵庫県姫路市にある酒造メーカー名城酒造が製造する日本酒の銘柄。
摂州男山 - 兵庫県伊丹市にある酒造メーカー小西酒造が製造する日本酒の銘柄。
男山 - 山口県宇部市にある酒造メーカー永山本家酒造場が製造する日本酒の銘柄。
金銀銅男山 - 山口県山陽小野田市にある酒造メーカー永山酒造が製造する日本酒の銘柄。
富士や男山 - 山口県周南市にある酒造メーカー山縣本店が製造する日本酒の銘柄。
東洋男山 - 山口県大島郡周防大島町にある酒造メーカー川村酒造場が製造する日本酒の銘柄。
筑後男山 - 福岡県久留米市にある福徳長酒類久留米工場が製造する日本酒の銘柄。

いかがですか?
ずらっと並んだ「男山」。
すごいですねー!
埼玉と東京の「男山」は、どちらも「武蔵男山」です!

9074B016-760A-411E-94B1-17018507DCB0.jpg


こちらは埼玉の小山本家酒造さんの男山。
青梅市の大多摩酒造さんの男山は写真が見つかりませんでした。残念。
現物は製造されていらっしゃるのでしょうか?
二つ並べて飲み比べをしてみたいものです。



2本ずつ飲み比べて、「男山トーナメント」なんて面白いかもしれません。

地方へ行かれる方は、是非「男山」を試してみてください。
また、当店へ持ち込まれて皆さんで試飲もOKです。


次回は「男山」の歴史について書きたいと思います。





はたして北海道の男山が元祖「男山」なのか調べてみます!
posted by counter at 09:52| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

今月の「山形の生酒頒布会」はスゴイ❗️

山形の生酒頒布会7月!
週末に家で飲みましたが、どれも銘酒揃いでスゴイです

79FFDC50-8418-4919-91B3-096199F6255D.jpg

米沢の東光に、鶴岡大山地区の出羽の雪、酒田の初孫。

東光さんの資料館には数度、鶴岡の渡会本店さんと酒田の初孫さんには昨年ご常連さんの皆さまと、心のこもった酒造りを見学してきました。


先日の山形地震で被災された大山地区。
渡会さんも1升瓶で1,000本の被害があったそうです。大切に飲みたいですね。

5430CBAD-4415-48C3-B832-64B81525F8BC.jpg

こちらは次の3銘柄。
大蔵村の小屋酒造さんの花羽陽に、天童の出羽桜さん、そして羽陽男山。


大蔵村の小屋酒造さんは、400年の歴史がある古い蔵元さん。こちらにも一昨年伺いました。
大吟醸「絹」は山形県から出ない銘酒ですね。

5A682171-DAF3-4D19-A361-14825BE595B5.jpg

出羽桜さんは、一番はじめに伺わせていただいた蔵元さんです。
広ーい敷地の中に、いろいろな作業場が点在していて、こちらで2時間をかけてお酒の造りのお話を勉強させていただいたのがとても懐かしいです。

羽陽男山は、男山酒造さんのお酒です。
「男山」といえば、北海道の男山が有名ですね。
5月に伺った八戸酒造さんの地元酒にも「陸奥男山」があります。

「男山」や「政宗」と名のつくお酒は、売れているお酒への憧れから、あやかっての名称だとお聞きしました。

調べてみると、「男山」と名のつくお酒は、北海道から福岡まで24銘柄ありました!

東京にも埼玉にもあるんですよ。
男山探しも面白いですね!
…で、こちらの男山を飲んでみたところ、食中酒で美味しいお酒でした。
最近はこういうお酒が好みですね。


さて、本日の3銘柄はこちらです。

4F98560E-8C51-4037-B8E3-4281A3EA5E19.jpg

高知の南がスッキリして、今日のジメジメした気候には良さそうです。

どうぞお試しください。


posted by counter at 19:36| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

鍋島の五百石石

594DE6C1-4333-4A4E-8A21-8AE65C222B79.jpg

本日鍋島の五百石石を開けました!

202B9A5C-B7E5-473C-AD45-B12BDFFA94B1.jpg

山形県大蔵村の小屋酒造さんの「絹」も開けようと思います。

今日はちょうどお酒が変わる日です。
他にも良いお酒があるので、是非お立ち寄りください。
posted by counter at 18:56| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

お酒続々と…

福井の酒屋さんからお酒を送ってもらいました!


6E6B24BE-8B8D-40F4-B5DD-ABF0DCFEA5A4.jpg

早瀬浦 スズミサケ
山田錦と五百石石をそれぞれ仕込み、ブレンドしたお酒だそうです。キレの良い食中酒です。


2523C323-CED3-48F3-98E6-C62C9D34848A.jpg

花垣の限定品です。
槽搾り無濾過生原酒。
飲みごたえとスッキリ感を味わってください。
現在開けておりますので、是非ご賞味ください。


2DA97A33-723F-414B-823D-3CDAEF103EA5.jpg

黒龍の夏酒。
フルーティで爽やかな飲み口で、後口はスパッとした切れ味。
冷たーい1杯をどうぞ。

31D3D93E-EE11-4AAD-9E67-EA80B1E6F471.jpg

先日伊東で購入したお酒2銘柄。
こちらの萩錦は、静岡市内にある蔵元さんで、ご夫婦お二人でお酒を造られていらっしゃるそうです。
全国清流第1位にもなった安倍川の地下水脈から汲み上げた軟水を使用しているそうです。
この様なお酒は地元へ行かなければなかなか手に入りませんね。
現在開けておりますので、是非ご賞味ください。


CD0B60D7-AE7A-48DE-A7A3-B25598023CAC.jpg

ご存知磯自慢。
特A山田錦を55%に磨いて醸した特別本醸造生原酒です。
1年に1回だけの出荷だそうです。

A83EF60F-0F1B-47ED-A263-D1884D6A111B.jpg

広島の誠鏡の番外品  雄町80無濾過生原酒。
雄町の良さを最大限に引き出すため、精米を80%に抑えて醸したお酒です。
雄町の旨味と誠鏡らしいキレのある辛口食中酒です。現在開けておりますので、是非ご賞味ください。

1升瓶が終わると次の銘柄を開けます!
タイミング良くご来店頂けますと、いくつもの銘柄を味わうことが出来ます。
「今日は何があるかな?」と楽しみにご来店ください!
posted by counter at 08:26| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

日本酒銘柄目隠し飲み会!

来週のお知らせです!
月・火・木・金と4日間、日本酒の銘柄を目隠しして提供致します!

銘柄を当てるのではなく、銘柄の先入観無しで飲んで、ご自分がどれが好みかを知って頂ければと思います。

348AE85C-4AB1-40C1-B9A9-D0A8579BD6DC.jpg

昨年の写真です。
今年は5銘柄にします!
無くなれば違う物を補充しますので、いつでもいらしてください。

posted by counter at 15:34| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

町田酒造さんの会

毎年お酒の会を開いていただいている町田酒造さん。
今年も快くお引き受けくださり、6月21日金曜日にお酒の会を開催することになりました。
今年で7年目です。

3BE85EC7-DAD7-479B-A8FB-704C4DAB8E1C.jpgFCACE2DB-3DA1-4676-87D8-C77101151538.jpg

今年はなるべく初めての方にご参加いただきたいと思っております。

6/21(金)
18:00〜19:30
会費\4,500
5銘柄とお料理
限定9名様
先着順に受け付け致します。

町田社長のお酒造りに対する熱い想いをお聞きしながら、5銘柄とお料理を楽しみます。

20時からは、通常営業で町田酒造をお飲みいただきます。ただし無くなり次第終了とさせていただきますのでご了承ください。
posted by counter at 13:44| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする