酒 処 c o u n t e r チルアウト日記

2022年06月26日

兵庫県のお酒

西宮在住の知人と兵庫県のお酒を飲みました。
兵庫県は言わずと知れた酒どころです。
灘の男酒・京都の女酒とかも言われます。
六甲山系からの地下水はやや硬水、
山田錦で醸すお酒もキリッとした辛口ですね。

そんな兵庫県のお酒、まずは赤石という銘柄のたれくち。槽しぼりです。(明石市)
酒米はやはり山田錦。やや辛口で飲み易い。

7AE1FBE9-FB5F-461D-9659-D4010950EA65.jpg

対するお酒は竹泉。こちらは酒米が雄町。こちらも槽口直絞りです。
雄町の米の甘みを感じ濃厚な旨み。

0BA479C6-A65B-4F85-8A17-23EC82C62FA1.jpg
これはハモの天ぷら。
お塩でいただきます。
ふわっとして美味しかった。
関西は鱧ですね。

B2B2862F-97C7-468E-A2A6-9A26CBC2616A.jpg

次はこちら。
左は灘の仙介。純米吟醸おりがらみ。
右は姫路の奥播磨。
どちらも思っていたより重かったです。

A6FA9D8B-E6C3-471E-B143-98A0F5E5BB79.jpg

最後はやはり播州一献。
落ち着いた酒質でブレない旨さの食中酒です。

この日は2人で5銘柄、450ミリ。
日本酒はこれで終わり。

日中は神戸の異人館街を歩いたので、気持ちよくアルコールが回りました。

05339FEC-A601-43F7-8487-7061042261CB.jpg

元町中華街で、おススメの豚まんを頂きました。

58188404-B50F-4A48-A2CE-B1DE62AAE148.jpg
風見鶏の館。
NHKの朝ドラで有名になったのは何十年も前ですね。
posted by counter at 11:10| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。