酒 処 c o u n t e r チルアウト日記

2022年04月09日

達磨政宗

岐阜県本巣市の根尾谷の淡墨桜を訪ねる途中に、「古酒達磨政宗」を造る白木恒助商店へ伺いました。


C6193D55-CC6B-4BF1-BF40-A60675180AF7.jpg
00C9352F-EFB1-4E7C-A76D-E706B9250ACA.jpgF1F2F4C7-5FBC-4B99-9B48-C0AC56AD081F.jpg

庭先にいらした方に声を掛けて見学をさせていただくと、こちらの方が6代目の社長さんでした。

CCFBA720-F958-4626-BCBD-2F15E5F373F2.jpg

達磨政宗…。

数年前、築地の勝鬨酒飯さんで見つけた変わったお酒。
ウイスキーの様に琥珀色をしている古酒です。

日本酒の古酒なんて美味しいのかなぁ?と見ていたら、「美味しいですよ」と勧められて購入した事を思い出しました。

確かに濃厚で美味しかった覚えがあります。

2188FCA8-7680-4AF1-9FEE-5B0575388C62.jpg569D5772-DD12-4589-8E7B-EFBEF31B11EF.jpg

ズラリと飾られたお酒のどれもが古酒です。
昭和50年頃から本格的に造り始めた、と社長さんが話しはじめました。

お米は日本晴。
コシヒカリが出てくる前は、日本で一番作付面積の多かったお米だそうです。

この日本酒で古酒に挑戦したところ、精米歩合が高いと(たくさん削ると)色が付かないことがわかり、純米酒程度にして安定したのだそうです。

なんでもソムリエの田崎さんが、日本酒の古酒を絶賛してくださったそうです。

8EA2E775-827E-4BD9-897D-E1A68DCC4076.jpg

私が初めて飲んだのは3年ものでした。
5年、10年…とありますが、結構なお値段です。

3年ものでも十分美味しかったので、購入して来ました。
ぜひ味見してみてください。
燗酒もいけるそうです。



posted by counter at 14:26| Comment(0) | 酒蔵探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。