酒 処 c o u n t e r チルアウト日記

2021年05月05日

駒ヶ根市

奥蓼科の明治温泉で一泊した後、駒ヶ根市まで足を伸ばしました。
飯田方面はあまり行ったことが無いので、調べてみたら、駒ヶ根岳の千畳敷までバスとロープーウェイを乗り継いで行けることがわかりました。

なんと標高2612mだそうです 
F8320A9C-FEB2-4C39-B3CD-50FA5054BDFB.jpg
この奥の山を目指します。

菅の台バスターミナルまでしか車は入れません。ここでバスに乗り換えて、しらび平(1662m)まで30分の道のりです。

769084BF-8A6E-4F82-8C80-213C50093B59.jpg
ロープーウェイで7分30秒

351F4D51-2AA5-4A2F-8436-46E9A07C9B42.jpg5E1F87D8-9668-4E4D-AFA9-68540962F8C1.jpg
千畳敷駅は日本最高所にある駅だそうです。この時の気温0度 ‼️

外へ出てみてまたビックリです。

452C9C4B-6A99-4A2D-9009-B7705626026D.jpgB25DBE17-0DBC-495B-ACB3-999B981FB3C8.jpg

なんと真っ白な雪景色。

5870442B-DFFC-434F-912E-99E8D905C1CB.jpg0DEC3C5B-FA02-441E-A96D-67D3F8D82368.jpg

7CC0691B-8B34-415A-BD7D-CEFA511F4348.jpg
真ん中の黒い点々は登山客です。
こんな雪山登山、皆さん大丈夫なんでしょうか?と心配になりました。


1周50〜60分のトレッキングコースがあると知っていましたが、ウォーキングシューズでは絶対に無理ですし、防寒もそこまでしていないので、温かいコーヒーを飲んで下山しました。

A2B2CEB9-B498-4CC7-A3D9-C75E0A4E0AE9.jpg
雪解け水の滝

3B482383-12CE-4024-8BA9-1DC2BBDEC081.jpg

次に向かったのはこちら、マルス信州蒸留所です。

鹿児島の本坊酒造さんのウイスキー蒸留所です。
本坊酒造さんは、1949年にウイスキー製造免許を取得された様です。

579A238A-E8A7-4684-885D-66C313926BD4.jpgE4099F1A-1471-46B5-8E7C-BEB849ED58CF.jpg

そして下の方の説明によると、
ニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝氏の恩師である岩井喜一郎氏のお嬢さんが、こちらに嫁いでいる関係でウイスキーの製造に至った様です。

7B2EC9C0-8C7A-41CF-B937-E9855B8F11A6.jpg

事前に見学予約をして伺いました。
蒸留所に入ると、爽やかな甘い香おりがしました。


480DA449-BF9C-4749-8288-93761313EFBE.jpg
こちはら麦汁に酵母を入れて発酵させているところです。
右隣の樽はまだ酵母を入れたばかりですが、写真の樽はボコボコ していました。

0D899317-E243-45CD-8934-0FE869CFC613.jpg

こちらは蒸留しているところです。

D5D84ABE-02EF-4212-A8C7-2FCFF85FECA6.jpg380774BB-2C8B-423D-80A4-072BA66D47DF.jpgE7C09694-F80F-4428-89B3-CA5A1BE406CB.jpg993E3F2A-C6C8-4781-9F51-A3ACABC517D3.jpg

EB4D1ECF-3FF9-4ABB-B8D3-837482112DDA.jpg

試飲しました
左の越百(こすも)が、香りといい味わいといい、ダンゼン美味しかったです。
モルトウイスキー好きです♡


4E08D990-BAD6-47B1-B333-7725471AF714.jpg
調子に乗って、こちらのウイスキーの抽選予約をしました!

金額を後から見たら…⁉️
まぁ当たったら飲む価値あり…。ということですね。


以上駒ヶ根市でした。
posted by counter at 09:35| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。