酒 処 c o u n t e r チルアウト日記

2020年12月18日

鶴の友の樋木酒造さん(新潟)

思い立って新潟へ行って来ました。

しばらく会ってない友人もいるし、
新潟は行ったことがないし(市内は)、
お魚美味しそうだし、
酒造もたくさんあるし…。

友人に行く旨をLINEしたけど、なかなか既読にならず、
新潟駅到着後、へぎ蕎麦を食べて、
鶴の友でお馴染みの樋木(ひき)酒造さんへ行くことにしました。
新潟駅から20分くらい電車に乗って、内野という駅で降りてすぐでした。

F3D0EE64-8B40-48DD-8E1D-7C9ABAF149CE.jpg5BEC2963-B8D9-4067-8600-39724933BAC5.jpg

こちらです。
蔵見学などしていないので、外から眺めるだけです。
コロナ禍でなかったら、もちろんアポ取り訪ねて行くのですが、どんな所で作られているお酒か知るだけでも…と思っての訪問です。

敷地内に無断で入って写真だけパチリ。

474CD9A0-530A-438C-9637-A84BF70A4E13.jpgA87066F6-9A1E-48A8-9536-DF144559CF3D.jpg
外壁に描かれた鶴の絵と、大きな木。
何の木でしょう?
表の看板にあった保存樹、けやき?えのき?

874AC8E6-2C5A-40E9-BE15-481D44E8CE04.jpgFAC6664C-D7F9-455C-BE80-1BEF6067F7FA.jpg

ぐるっと廻ると、ここの一角は全て樋木酒造さんでした。

763A0768-123F-4743-A935-96192579D064.jpg
雑然と昔の酒瓶が積み上げられて。

8D091345-13D9-4679-B62C-279CB0D1E2CA.jpg
「鶴の友博物館」?

この日はとても寒くて、ブルブルしながら回って帰りの電車を調べてすぐに駅へUターンでした。


そもそも鶴の友との出会いは…。

今から10年近く前、土曜日のオフ会で、新潟出身の友人が持参したことがきっかけです。

各自4合瓶持ち寄りの会で、純米大吟醸・大吟醸・純米吟醸など、9名がそれぞれのお勧めを持ち寄りました。

ざっと目を通して、大吟醸から飲み始め、「本醸造」と表示の鶴の友は最後のお酒にしました。

その時本醸造は、醸造アルコールが添加されていて、「あまり良くないお酒」くらいの認識しかなかったので、たくさん飲んだ後なら…と思って出しました。

友人が、「父が毎日晩酌しているお酒ですが…」とひと言断って。
次の瞬間、皆さんんが、
「なんだ、これは!」
「今日飲んだ中で一番美味しい!」
と絶賛し始めた…。
という思い出のお酒です。

言うなれば、本醸造の良さを開眼したお酒ですね。

新潟駅に戻って帰りの新幹線に乗る前に、酒屋さんで4合瓶2本ゲットして来ました。




posted by counter at 18:07| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。