酒 処 c o u n t e r チルアウト日記

2021年08月31日

断食道場

2泊3日で断食道場へ行って来ました。

7月末に食道炎になり、一度胃腸をリセットしたいと思っていたので、思い切って予約しました。


断食…というと過酷そうですが、調べた所は、半断食(昼・夜は玄米とおかず少々)もあるというので、こちらで申し込みました。
2泊3日の様子を書きます。



場所は群馬県と埼玉県の県境の山奥です。

B3B8431A-2F9D-42DA-ACAB-FB690AEFBEAC.jpg
99C8B2B4-4D0B-4C02-A497-412381730F47.jpg287C1482-1A6D-4F68-BD05-2B325C5544E6.jpg
二人部屋に1人です。


1日目
15時にこちらに着いて説明を受け、
16時からHIIT BX なる講座の見学をしました。キックとパンチでボクシングの様な運動をしてました。

18時に半断食。

FFC1BFF8-C6F9-47F9-89F2-D849016BE8A5.jpg

玄米ご飯と茄子とわかめのお味噌汁。
おかずは、昆布の煮たものと、白あえ、ひじき煮、糠漬け。

ゆっくりよく噛んで食べれば、これで十分でした。
本来玄米ご飯は匂いがきつくて苦手なんですが、こちらのは匂いもなくモチっとしていて食べられました。

夜はストレッチ講座があるのですが、先日来頭位めまい症というのにかかり、まだ完治していないので今回身体を動かすのはウォーキングだけにしました。
22時就寝。


翌朝は5時過ぎに目が覚め、7時からラジオ体操の後ウォーキングに出発しました。


04F7EB3A-6D7F-4DF8-94A8-0DEE25EA007B.jpg68A169D2-9640-4B9D-80D1-6CF0F2795020.jpg764B999A-E5AF-4FEC-AD7D-33656DFEF8D2.jpg

坂を下り赤い橋の先まで行って戻りました。 
帰りは登りなので歩いた気になりましたが、それほどでも無かったです。
32分5,500歩。


9時にお茶と体調報告。
湯呑み茶碗に梅肉と少量の生姜が乗っていて、そこへお醤油をひと回しかけてから番茶を注ぐ。
ちょっとスープぽい感じです。
これを飲んで朝はおしまい。
番茶とお水(軟水)はいくら飲んでも良い。
部屋で読書。


お昼は半断食。
CB3D07FC-2D50-48E9-B597-7AEBE099804B.jpg

玄米ご飯に、かぼちゃとキャベツとわかめの入ったお味噌汁。味は薄めです。
おかずは、また昆布の煮たもの、しらたきとインゲンとにんじんの煮物、きゅうりの胡麻酢和え、糠漬け。

全体的に薄味で、甘さは感じられません。
たぶん砂糖は使ってない模様。
食物本来の甘味だけの様です。



この後マイクロバスで近くの日帰り温泉まで送ってもらいました。他2名も。


迎えのバスまで時間があったので、備え付けの本棚から何冊かパラパラと読んでみました。

84F75F0F-27B1-484B-AC6D-3D0ED9AEBBC0.jpgD6D807D8-C928-4AF3-A30E-4F70C19C9501.jpg66DFED63-A231-43A7-A595-E1A5B70F8479.jpg

戻って休憩。
18時にまた半断食。

FEC94883-6053-4827-BD92-324ED5E8EB1D.jpg

キャベツと白菜とにんじんの和物、
お肉もどきの大豆の干したもの煮物。
昆布と糠漬け。

この食事に慣れてきたけど、若い人には今回ほど物足りなかった食事はないのではないかな。我慢のしどころ。

夜はまた読書。

番茶はあまり美味しくない。
軟水の温い水も美味しくないので、日帰り温泉の自販機で普通のお水を買いました。
やっぱりこっちの方が美味しいな。

半断食だけど、一向におなかは減りません。

することがなく読書とテレビ(普段からあまり見ない)ではさすがに飽きます。

うとうとして、すぐ目が覚めることの繰り返し。
朝方ぐっすり寝た様で、気がつけば6時過ぎ。身支度をしてラジオ体操へ。

ウォーキングは今日は山の方だそうです。

AFFFC71C-7194-47AA-B466-F90D8AEE0CE1.jpgC5860787-F3DA-4DF4-A8DE-F67C0AE7B853.jpg78BBB7B3-F03D-4230-9214-D803CA41F4E9.jpg

だいぶ歩いてダム湖まで行き戻って来ました。1時間半だけど1万歩弱。
汗ビッショリで帰ってシャワー。
部屋に戻って帰り支度をしたら、帰宅後の注意があるとかで呼ばれました。


玄米ご飯を続けること
腹八分目
動物性タンパク質とお砂糖はなるべく食べない
夜ご飯は8時までに終わらせる
自分に合った運動の習慣

だそうです。

まあ、野菜中心のおかずと
ご飯は玄米でなくても、7部つき米とか
麦ご飯とか、雑穀米とかを普段に取り入れるかな。
腹八分目。

お肉やお魚を食べてはいけないわけではなくて、減らせば良いこと。

これからの食生活について、いろいろと考えさせられた2泊3日でした。


体重は2キロ減でした。

これを機に、消費カロリーの少ない今、
食事を見直すことにしました。


posted by counter at 15:54| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月23日

9/12までまた延長…

緊急事態宣言がまた延長されました。
オリンピック後の感染者が5千人超えでは仕方ないですね。


…というか、国民の健康よりオリンピック優先にした当然の結果です。


このところの天候不順もあるので、家でのんびり過ごすしかありません。


昨日の青空も束の間、今朝は雨雲に覆われ雷も鳴り始めました。

98AAFAC3-69EE-4EA8-B6D2-4F7C96AB4BF9.jpg
5FFD675C-1C37-4C4E-A9D6-E5A0495B2179.jpg

スカイツリーも見えたり見えなかったり…。

豪雨にもお気をつけください。




posted by counter at 09:06| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月17日

参鶏湯とパン作り

今日は何をしようか…と毎日暇を持て余しています。

先日、整骨院の先生が、
「夏バテ気味なので参鶏湯を作ってみました」と仰ったのをヒントに、
私も参鶏湯に挑戦してみました。

練習は鶏モモで、もち米・長ネギ・にんにく・生姜・くこの実を入れてグツグツ煮て、旨みが足りないので鶏がらスープも足しました。
まあまあの出来上がり。




それでは本格的に作ろうと、丸どりを探して来ました!

2972416D-F2BE-49D7-8834-9F65BE79E9E0.jpg

よく見ると鳥ですね (≧∀≦)

一度洗って(お腹の中も)キッチンペーパーで拭いてから、浸しておいた
もち米
八角
くこの実
松の実
生姜
にんにく
を入れて皮に穴を開け、反対側の足をくぐらせて、それでも開いてる所は竹串で縫う様に刺して留めました。


圧力鍋に被るくらいの水と、長ネギの青い部分を入れて沸騰したら火を弱めます。
そして灰汁を丁寧に掬いました。


中火で40分圧力をかけて出来上がり。
最後に塩加減。


BFD10D48-132A-4157-8374-41001A7E25CE.jpg

骨まで柔らかく、八角の香りも効いて、
出汁も出ています。
身体も温まりました。




パン作りは前から一度やってみたいと思っていました。

とりあえず「はじめてのパン作り」という様な本を参考にしました。

松屋(デパート)で強力粉を探したら、たくさんの種類がありました。
店員さんに聞いて、出来上がりがふわふわになるという「キタノカオリ」という
女性名の様な粉を購入。

最初のパンは発酵不足で、パンとは言えないシロモノでした (*´-`)


何度か焼いてみて、良くこねることと、発酵が大事なことが分かりました。


F55AA984-AC37-492E-9F08-0EE52F156E8B.jpg

760BBE03-95A3-4C01-A165-C492DC17AFB7.jpg
9B65DA23-9F99-41E1-ABE3-897D28D1CA3F.jpg

ちょっとはパンらしく見えるようになりました。

今度はもっちりする粉で作ってみたいと思います。




年齢を重ねると変化を好まず、何でも面倒くさくなるそうです。

なので、ドンドン新しいことにチャレンジして脳の活性化を心掛けましょう。

posted by counter at 11:56| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月13日

お盆ですね

オリンピックが終わって、お盆に入りました。車も人も少なくなって、街が静かに感じます。


感染者は一向に減りませんね。
お盆中も人の多い所への外出は控えなければなりません。

毎朝近所を散歩して気分転換をするくらいです。

CB71050B-0918-4C5B-ADB1-A0BAEE21A00A.jpg5E5402E9-6621-48A7-AD8D-B28AF0DF3C2A.jpg49EB5669-FDBF-4727-B060-19CD64D081C0.jpg

隅田川から見るスカイツリー。

219C8318-9D68-4385-82AC-324A778AB0D6.jpg5577BA2B-9E18-4E56-8258-0AF237D71D45.jpg
上野公園

C9E43AEB-E047-47E6-B1FF-F819A8505CCE.jpg

浅草寺の五重の塔


4B0E8DA2-8235-4E27-9410-1FAEEB5B9758.jpg1552F6FA-FCB3-48FC-B638-12E1035ED45A.jpg

待乳山聖天の大根

1C413F88-D7C5-4997-9E09-3E21E83CF735.jpg

最近飲んだ日本酒。
スッキリした辛口でとても良かったです!


AF518AA1-C6DE-4249-9449-6491E9A7725D.jpg

半年経った自家製お味噌。
今日から食べます。


お盆期間中も感染しません様に。
熱中症にもどうぞお気をつけください。

posted by counter at 07:45| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月07日

オリンピックもあと2日

オリンピックも大詰めですね。
金メダル獲得数も合計24個と、中国・アメリカに続いて第3位です。



昨日は女子バスケットの準決勝を見ました。
対戦相手はフランス。
平均身長ではかなり差がありそうですが、日本は予選でフランスに勝っているので、ちょっと見込みがありそう!
と見ていました。
2クォーターが終わり41対34で折り返しました。

画面がニュースに変わってしまい、
放送終わり?と思ったら9時半過ぎから再び試合が映されましたけど、すでに4クオータ目で15点差で日本が勝っていました。

ポイントガードの町田選手の活躍がすごいです。小柄なのに良く動きます。
アシスト18?
自ら切り込んでシュートも決めて…。


赤穂・宮沢選手の3ポイントシュートも良く入り、終わってみれば87対71で16点差の勝利。

決勝進出決定!
銀メダル以上の獲得です。
決勝は、明日の11時半からです。

5EF8A4A6-0080-460C-BFEA-28E3D3D9EF3A.jpg
posted by counter at 07:52| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月04日

田苑酒造さんを訪ねて2

田苑酒造さんといえば、音楽仕込みですね。

クラッシック音楽を樽やタンクに聞かせている様ですが、実際はどんな風になっているのか見学させていただきました。


473B9A56-F697-4E67-BE86-F76417383639.jpg90C8C7E6-C84F-4868-85B4-C2E9AEE66712.jpg

樽に音楽を聴かせるきっかけになったのは、1990年。


乳牛に音楽を聴かせると乳の出が良くなった、パンに音楽を聴かせるとふっくら仕上がった…等から、
「焼酎も同じ酵母だから良いかも…」という半ば冗談みたいなことを当時の工場長の塚田定清氏が考えたそうです。


工場にオーディオセットを持ち込んで、一日中クラッシック音楽を聴かせたところ、
スピーカーに近いタンクだけ発酵が早かった。
という結果になり、スピーカーの場所を変えても同じ結果になったので、それではタンクに全部スピーカーをつけようということになったそうです。

083D6C28-0C9D-4C61-89BD-75A784924347.jpg

こちらです。
樽にスピーカーが付いています。

257C6B93-A24C-4D9C-B958-A0B3DDC9BFB7.jpg

大きなタンクにもスピーカーが。

EB95DBB9-3AE6-4EA6-B23D-E4BBF7A39CD6.jpg

このとおり!

装着されている機器は、トランスデューサーといい、音楽を物理的なエネルギーに変換して醸造中の焼酎に音楽振動を付与しています。

実際には音は聞こえません。
タンクの中の焼酎が静かに音を聞いているのですね。

田苑酒造さんの貯蔵庫です。
6346FB52-6763-4105-B4FA-D37D1DDE4BDB.jpgC96565E6-1825-4BAA-8DA3-D25502674BF0.jpg

樽とタンクでクラッシック音楽を聴いて3年寝かせた田苑酒造さんのお酒。

田苑ゴールド(麦)は香りも良く、ロックやハイボールがおすすめです。
こちらはスーパーや酒屋さんで売っていますので比較的入手しやすいです。

D5A3721A-4848-4E4D-83EA-6CEB464B83C5.jpg

そしてウイスキー&スピリッツコンペティション出最高金賞受賞の芋焼酎、エンヴェレシーダ

10AAF514-8910-4AE7-AE3A-0BA5FA446191.jpg

取り扱いは少ないかもしれませんが、
芋の甘み・旨みが舌のひだに広がっていく感じを是非味わってみてください。


お店で多くの方に好まれている「田苑ハイボール」

作られている環境や工事を見学できましたことを大変嬉しく思います。

お世話になりました中永田工事長様、
今田東京支店長様、感謝申し上げます。
posted by counter at 10:23| Comment(0) | 酒造探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月01日

田苑酒造さんを訪ねて

先日、薩摩川内市の田苑酒造さんを見学させていただきました。

7D463E0F-960F-4F23-8408-9AAC98617483.jpg
C6FC314F-2AE2-4D4C-9B6D-EC13DA8A1C44.jpg

薩摩川内駅から車で15分くらい行った、樋脇という田園地帯の少し小高い所にありました。

中永田工場長様が迎えてくださり、1時間半に渡り、蔵の案内や試飲をさせたいただきました。

0438C7D7-9AFD-4145-B547-DE4237A5DBDE.jpg00CCF21E-E5E2-4AB1-B1B3-558AF58D04A6.jpg

最初に通されたのがこちらの焼酎資料館。

熊本県山鹿市にあった築240年の清酒蔵を移築して、1986年に開館されたそうです。
天井が高く、広々としていてとても大きな建物です。130坪もあると伺いました。

AB5E430F-B6C8-4916-9188-B3015D848004.jpg
6698DF07-DCFE-4017-A9E9-F60E1DAA200F.jpg

現在も使用されている甕です。
下半分は土の中に埋まっています。
中には芋焼酎が入っていて、3年ものの蓋を開けてくださり、香りだけ嗅がせていただきました。
熟成された甘〜い香おりがしました。

027E4190-0A2B-413A-9304-44C373D59D39.jpg
こちらは昔使っていた蒸留機です。
薪で焚き、蒸留されたものが竹の筒を通って壺へ注がれていく様です。

次に試飲をさせていただきました。
20E05784-B744-4504-A482-E4DD3BD69E22.jpg070A5295-68EC-49B8-9486-DFC6005996A0.jpg

左の2つは樽貯蔵芋焼酎エンヴェレシーダです。
赤いほうが原酒の40度。
白い方は25度。
先に25度を飲ませていただいたのですが、舌のヒダに、旨味と共にジワジワと広がって行くのを感じます。
次に40度。
度数の高いお酒は味わい深く、間違い無く美味しいですね。
個人的には25度で十分美味しいです♡

ちなみに、
東京ウィスキー&スピリッツコンペティションの焼酎部門で、赤の原酒は今年2021年に、白い25度は2020年に最高金賞をいただいています。

どちらも購入して来ましたので、是非お店で飲んでください。

A0077F00-E390-49B5-AD5C-257BF55B5F01.jpg

こちらの島津藩は、芋も麹も酵母も全て鹿児島産だそうです。
赤は紅はるかという芋を、
黒は黄金千貫を使用しているそうです。
どちらも芋焼酎ぽく(なんと芋麹を使っているそうです!)黄金千貫の方が味に馴染みがありました。


2F3E9F17-8CC8-4B21-9650-9B51E2232F7C.jpg

こちらは日本酒で言うところの、あら走り、搾りたてのことを言います。
「初垂れ」と書いてありますが、ハナタレとも言います。
焼酎の蒸留して出て来たものは60度もあるそうです。
飲んでみました!
泡盛の「どなん」並みですね。

6ACF0A03-A9F1-4A04-8F43-FCFB5E7CFD17.jpg

こちらは果物の酵母を使った焼酎です。
全部飲ませていただきました。
一番インパクトのあるは、バナナでした。
バナナの甘い香りがします。
これはロックが良いですね。

写真を撮り忘れましたが、なんとパクチーのスピリッツがありました‼️

1877B70E-C487-45DD-B891-D2EAA76EE0A8.jpg

これです! (田苑さんのHPから)

パクチー好きは良いけれど、パクチーが嫌いな人には「何でそんなもの焼酎にするんだ」と思うでしょうね。
ご案内いただいた中永田工場長さんもパクチー嫌い。
マスクをして(コロナでいつもしていますが)パクチーを刻んだそうです。
大変でしたね。

で、お酒はというと…。
う〜ん パクチーです(*´꒳`*)
私は好きです。
パクチー料理と一緒に飲みたいです。

これも購入しましたが、パクチー好きの息子用です。
安心してください。お店では出しません。

次は、いよいよ工場見学です。
続きは、また。


posted by counter at 12:54| Comment(0) | 酒造探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする