酒 処 c o u n t e r チルアウト日記

2020年12月29日

今年も一年ありがとうございました!

25日で今年のお店の営業は終わりました。
そして昨日28日は、counterを支えてくださる常連さんの貸切デーでした。

今年はコロナ禍で、4月から5月は緊急事態宣言も出て、お店も休みました。

一部の方とはリモート飲み会を行いましたが、
「4〜5人集まるならお店を開けたら?」と言っていただき、約1ヶ月半ぶりに顔を合わせたのは5/18でした。


仕事が無く、家で鬱々としていた私にとって、天の声の様に有り難かったです。


6月から出勤される方も、ほんのわずかですがいらっしゃり、お立ち寄りくださいました。

それでもcounterのお客様の9割がテレワークですから、開けていてもノーゲストの日もありましたので、予約制にさせていただきました。
10月頃からは木・金曜日に営業となりました。

週に一度、または隔週でご来店くださる方、
皆さんお店のことを心配されてのことです。

この方々がいらして何とか続いているcounterです。本当にこの一年もありがとうございました。
感謝です。

最後はおでんで締めました。

34328E81-DF52-4FE0-93C4-0E9045750CBF.jpgA3514904-1F12-4BEF-B3AB-3CB38A13599B.jpgA9765C3E-5985-4261-94EB-960537E4E86D.jpgB1E09221-5F89-4CEC-97F2-4D758928248D.jpg
9AD696CF-4C31-4ECE-886D-DF0459F5637C.jpgBF22F0D5-C9AF-49FB-B1C1-B02A0FE8C1CC.jpg

仕込み段階の具材です。
90297043-3F27-4DF7-B8D8-9D1B488487E1.jpg
しめじ巻き・餅巾着・牛すじ

836E3A78-266F-4294-8C0D-3A6C86B56758.jpg
里芋・結び昆布・厚揚げ・タコ

88AD90D5-1EF9-4994-A2FF-6D9A24B483A9.jpg
れんこん天・生姜天・チーズ巻き・ちくわぶ

EA6142DF-3BF8-46CE-8B22-0B195418EBAA.jpg
大根・結びしらたき・たまご


全部でなんと、14種類!
完食していただきました。
(おでん屋さんになろうかしら)

年明けの営業は、1/7(木)からです。
引き続き予約制とさせていただきます。
ご来店の方は、ご連絡をお願い致します。

bar.counter0209@gmail.com


では、良いお年を!

posted by counter at 06:17| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

鶴の友の樋木酒造さん(新潟)

思い立って新潟へ行って来ました。

しばらく会ってない友人もいるし、
新潟は行ったことがないし(市内は)、
お魚美味しそうだし、
酒造もたくさんあるし…。

友人に行く旨をLINEしたけど、なかなか既読にならず、
新潟駅到着後、へぎ蕎麦を食べて、
鶴の友でお馴染みの樋木(ひき)酒造さんへ行くことにしました。
新潟駅から20分くらい電車に乗って、内野という駅で降りてすぐでした。

F3D0EE64-8B40-48DD-8E1D-7C9ABAF149CE.jpg5BEC2963-B8D9-4067-8600-39724933BAC5.jpg

こちらです。
蔵見学などしていないので、外から眺めるだけです。
コロナ禍でなかったら、もちろんアポ取り訪ねて行くのですが、どんな所で作られているお酒か知るだけでも…と思っての訪問です。

敷地内に無断で入って写真だけパチリ。

474CD9A0-530A-438C-9637-A84BF70A4E13.jpgA87066F6-9A1E-48A8-9536-DF144559CF3D.jpg
外壁に描かれた鶴の絵と、大きな木。
何の木でしょう?
表の看板にあった保存樹、けやき?えのき?

874AC8E6-2C5A-40E9-BE15-481D44E8CE04.jpgFAC6664C-D7F9-455C-BE80-1BEF6067F7FA.jpg

ぐるっと廻ると、ここの一角は全て樋木酒造さんでした。

763A0768-123F-4743-A935-96192579D064.jpg
雑然と昔の酒瓶が積み上げられて。

8D091345-13D9-4679-B62C-279CB0D1E2CA.jpg
「鶴の友博物館」?

この日はとても寒くて、ブルブルしながら回って帰りの電車を調べてすぐに駅へUターンでした。


そもそも鶴の友との出会いは…。

今から10年近く前、土曜日のオフ会で、新潟出身の友人が持参したことがきっかけです。

各自4合瓶持ち寄りの会で、純米大吟醸・大吟醸・純米吟醸など、9名がそれぞれのお勧めを持ち寄りました。

ざっと目を通して、大吟醸から飲み始め、「本醸造」と表示の鶴の友は最後のお酒にしました。

その時本醸造は、醸造アルコールが添加されていて、「あまり良くないお酒」くらいの認識しかなかったので、たくさん飲んだ後なら…と思って出しました。

友人が、「父が毎日晩酌しているお酒ですが…」とひと言断って。
次の瞬間、皆さんんが、
「なんだ、これは!」
「今日飲んだ中で一番美味しい!」
と絶賛し始めた…。
という思い出のお酒です。

言うなれば、本醸造の良さを開眼したお酒ですね。

新潟駅に戻って帰りの新幹線に乗る前に、酒屋さんで4合瓶2本ゲットして来ました。




posted by counter at 18:07| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

自家製だし

茅乃舎のだしを真似て、自家製だしを時々作っています。
今日は家庭用の在庫が無くなったので、
鰹節・昆布・干し椎茸・いりこを
電動コーヒーミルで挽いて混ぜます。

F53AF1D6-E214-457D-AB7A-37BF5F224758.jpg
CE9E5187-F15A-40CA-A909-948E1FDEDED4.jpg
市販の出汁パックに入れて完成。
手前は茅乃舎のだしです。

手作り出汁パックも結構いけますので、是非お試しください。

posted by counter at 14:51| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しいお酒を求めて…

先日訪れたお寿司屋さんで、日本酒の仕入れを担当している女性と話が盛り上がりました。

彼女は下戸(飲めない)にもかかわらず、あちこちの酒屋さんを回ってお酒の勉強をして、お客様に提供しています。

いつ・誰にどんなお酒を提供して、どんな感想だったかを書き留めているそうです。

ノートやスクラップしたラベルを見せて頂いて、
思いました。
「飲んだことの無いお酒ばかり…」と。

そう言えば最近の仕入れは、近くの酒屋さんでばかり済ませていたので、銘柄に新しさを感じなかったと思います。


反省して、新しい酒屋さんを探して訪問してきました。

EA99E475-4092-4F9E-8552-3C74EBD201A3.jpgB34CEFD2-0DA4-466E-BBE7-446276BA8E27.jpg

浅草橋の日本酒専門酒屋「SAKE Street」さん。

店主のさんは金融関係のお仕事から一転して、日本酒専門の酒屋さんを立ち上げたそうです。

2A71671C-8502-48F6-9D2C-576D4CD6E0B9.jpg212C0A92-A11B-4A36-AC65-3DAC1CFE87BB.jpg949781D8-13FB-4936-B7F7-ED28E2E5C1B8.jpg

こちらで購入したお酒です。
すでに全部終わりましたが…。

昨日は千駄木の伊勢五商店さんへ伺いました。
B8B64734-A5BD-4B10-93B7-5BF3BC37C39F.jpg

以前にも伺ったのですが、あいにくお休みでした。それから2〜3年経過しているので、お店がキレイになっていました。

文京区千駄木の住宅街の中にあります。
やはり文京区は落ち着いた住宅街ですね。
文京区生まれなので懐かしさを感じました。


日曜日のお昼過ぎですが、10人くらいのお客さんが来てました。
皆さん、ずらっと並んだ冷蔵庫の中の銘柄を熱心に見ていました。

私は予めどんな銘柄があるか調べてから伺ったので、720ミリを5本選びお会計へ。

なかなか手に入らない銘柄もありましたので、どうぞお楽しみに

☆年末の営業
17(木)・18(金)・25(金)の営業です。
24(木)は休業します。
年始は7(木)からです。
宜しくお願い致します。
posted by counter at 12:02| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

酒と肴

今日はお酒は4銘柄開けました。
原田はやや濃醇、久しぶりの紀伊國屋文左衛門は酒質が変わった?
山形の弁天の新酒はスッキリフレッシュ、臥龍梅の五百石石も久しぶりで美味しい。

FCC6B51B-63C2-4DC3-A62F-3806D1C63E63.jpg14EBF064-C46A-48F3-BACF-8988C533EB2B.jpg6E72335D-4DB0-4879-9CDF-D0061528F472.jpgF8D6C9E0-DD37-4728-9238-AC12ED790088.jpg

肴は、豚汁に陸前高田の大粒生牡蠣、筑前煮に自家製鮭の粕漬け。
この酒粕は私が一番美味しいと思っている群馬県前橋市の町田酒造さんの酒粕です。

D2EC75B2-4007-48D4-888F-4B5FA0A64C55.jpg3119367E-1DAC-4240-8B48-923FE3278063.jpg8728F0D7-BC15-4A77-998F-31492B734C88.jpgC210C44E-600A-4BB0-B970-D7A153C55FDE.jpg

お料理の写真は常連さんよりお借りしました。
いつも美味しそうに撮ってくださり、ありがとうございます。
posted by counter at 10:51| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

内輪だけの忘年会

毎年開いている常連さんだけの忘年会も、今年はなかなか集まりにくく、ご来店頂いている方だけしかお声がけも出来なくて、8人で開催しました。
浅草の本鮪を扱う太助寿しさんの大広間を8人で貸し切りしていただきました。

06280EAB-A84D-4443-84D5-51B0256C6A04.jpg

お料理です

B044BA31-A91E-4392-8969-26E71486AF0B.jpg
8C09DBA2-6F76-4CDD-8CBF-248626678A93.jpg
8666449B-E4E2-4817-BFE0-9D35B850451F.jpg99859E73-5390-4559-934F-901D67494B0C.jpgB5089EED-9773-436D-844D-FC44C5D21DA0.jpg
02AB5E68-4E26-4A6E-B326-5E439F861821.jpg

この他にも茶碗蒸しや、すき焼きの小鍋仕立てなど盛りだくさんで、お酒と共にじっくりとたのしみました。


お酒は、こちら。
590B222D-1574-4407-B963-166839B1FCF2.jpg

左から、
森嶋 (茨城) 純米吟醸 美山錦
微発酵でピチピチ感があり、美山錦の酸が心  地よく、乾杯酒に適してます。

紗利 (福井)純米大吟醸
魚貝に合わせて作られたお酒です。
スッキリしていながら旨味も感じます。

至  (新潟)純米吟醸 山田錦
スッキリした食中酒。飽きの来ない、ずっと  美味しく飲めるお酒。

善吉 (長野県)辛口純米 美山錦
同じ美山錦でも+6の辛口なので、美山錦の甘  い酸は感じなくあくまでもキリッと辛口。

天寶一(広島)特別純米 八反錦
日本酒度+3、酸度1,5の割には、旨味はあるが  重たく感じた。

沙利は福井の酒屋さんからの取り寄せで、これだけは持ち込み。他の4合瓶はすべてお世話になった浅草太助寿しさんの利江さんのセレクトです。

26671DE9-E896-4F82-8926-5919D1E9CACD.jpgF0FD32DA-0DC8-43FF-A48E-640ED2B8D8E2.jpg
利江さんが書いてくださったお酒の説明です。

遠い茨城や長野まで足を運んで、お酒を選んでくださいました。
すべて初めて飲んだお酒で、どれも大変美味しくて満足でした。
太助寿しの皆さま、利江さん、ありがとうございました。感謝です!



posted by counter at 17:28| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

飲食店はまた時短です

東京都から、11/28〜12/17までの間、22時までの時短営業を要請されました。
当店もこれに倣います。

この要請が出た事で、一層テレワーク率が高くなり、ご出勤の方も真っ直ぐに帰宅される事でしょう。

年末に時短営業では本当に飲食店は辛いです。
今週は木曜日は営業、金曜日は都合により休業とさせていただきます。

B999DFA9-CE90-450D-B74D-87DB250E418A.jpg5BD5193C-D572-4941-AD69-414F2020985F.jpg

posted by counter at 15:17| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする