酒 処 c o u n t e r チルアウト日記

2020年10月26日

スカイツリーと薬膳料理

昨日初めてスカイツリーの展望デッキ&展望回廊へ行って来ました!

自宅から建設中のスカイツリーを見て来たのに、まだ展望デッキには行ったことがありませんでした。
1週間前に時間指定の予約をしました。

行ってみると、4階のチケットカウンターは長蛇の列でしたが、事前予約をしてあるとQRコードを見せるだけでスイスイ進めます。

4C40CBF0-8BB1-4338-B03B-541EB624A5C8.jpg

アット言う間に35階の展望デッキに到着。
ぐるっと見渡して、
自宅マンション探しました!

F6EEEA4D-E80A-4DEE-8A2B-A562E13B0F39.jpg

真ん中辺りにあるお寺の屋根の後ろの四角いマンションが我が家です。わかりますか?
「あそこからずっとこのスカイツリーを見ていたんだなぁ〜」と。

45階の展望回廊へ進むと日没時間に近いので、西方面には人だかりがありました。

B2F3F1FE-DFB7-470B-B079-DFC6D4811015.jpgB3304BD2-85BA-40C7-B3A7-0721D4B21500.jpg08C23CBA-B46B-4436-A6FD-1DA5B2047B62.jpg

富士山は〜⁉️

FA7F81C0-67A4-4288-9651-CC094EAB20D5.jpg

ずっと富士山の上に雲がかかっていましたが、
ようやくここまで見ることが出来ました。
お天気に恵まれて、夕焼けと富士山が見れて感動的なでした。


このあと銀座へ出て、中国薬膳料理を楽しみました。食べることに専念したので写真はありません。


お料理は、
アガリスク入りのフカヒレの姿煮や、北京ダックの葱餅巻き、小籠包などが続きました。
中でも一番感動したのが、佛跳牆(ぶっちょうしょう)というスープです。
干しナマコやアワビ・貝柱などと金華ハムやうずらの卵・干し椎茸などを長時間かけて煮込んだ旨味のある贅沢なスープです。
このスープは辛くないのに、飲んでいる最中から汗が出てきて、身体がポカポカになります。
長風呂をしても汗をかかない冷え性の人でも、このスープを飲むと汗がじわっと出て来るそうです。
佛跳牆とは「あまりの美味しそうな香りに修行僧ですらお寺の塀を飛び越えて来る」ということだと教えてもらいました。
中国薬膳料理を堪能して帰りました。


この晩は、ぐっすりの眠ることが出来ました。
またランチにでも薬膳料理を楽しみたいです。
posted by counter at 13:19| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

山形からの贈りもの

今年も山形から、もってもほか菊が届きました。きれいなピンク色です。


9801F2C7-8240-4347-AC24-DB6326BC26CD.jpgF2413F7B-2860-4B8B-83D7-8E46ACF85264.jpg
花びらをちぎって茹でて、甘酢につけました。

花の芯は残しておいて、サッと茹でてから干して、菊茶にしました。

567930E0-203C-4424-B156-F98263EA365C.jpg

菊の香りのお茶になりました。
苦く無く、普通に飲めましたよ。

F0EA7075-B0EF-488C-AF60-6CDB903B5578.jpg

あけびも頂きました。
以前にも頂いて、料理してみたのですが、なかなか美味しくなりませんでした。

今年はなんとかちゃんとした料理にしたいと、あけびと向き合ってみました。

あけびの中の白いつぶつぶ、これは甘くて美味しいと言う人もいますが、私は見た目が苦手。
幼虫の様にしか見えません…(>人<;)

なので全部取ってすてます。
皮を洗って適度な大きさにきって、水にさらします。苦味とえぐみがあるので、時々水を変えながら1時間ほど晒しました。
やや多めの油で炒めて豚肉を加え、甘味噌味に仕立てにしました。
…が、旨味が足りないので、すりごまをたっぷり入れて胡麻味噌炒めに。
味はイイです!
あけび料理はこれで良しとします。

7C9BA9CC-09C8-4186-95B3-18C6F76AF1A0.jpg
常連さんが撮ってくださった写真をお借りしました。

昨日は常連さんお二人でしたので、キンキの煮付けとイワシのつみれ鍋もしました。


秋は美味しいものがたくさん有りますね!

皆様もご来店時は、ご予約ください。
宜しくお願い致します。

posted by counter at 07:36| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

宗像大社

せっかくなので宗像三女神の末っ子、辺津宮(へつのみや)へも回ってみよう…ということになり、こちらは広いのでじっくりと参拝することにしました。

53F7E655-8E65-4797-91D5-FA17D42225DD.jpg623C6E53-5FE2-41D5-B228-F5EEF5754533.jpgD4ADCB1A-5CAA-4AF5-8773-98C62B9284FF.jpg
手水舎も立派です!

9C41BF90-4007-4181-8B21-264B20D9E5BC.jpgF25F4C90-870F-4BDC-910A-B02F7F520D36.jpg
本殿の周りにぐるっと22もの社がありました。

6ADE3566-AAD5-41EC-AC67-7C022CE5256F.jpg

第二宮と第三宮があり、その奥に高宮斎場というところがありました。
FA8CB8BC-43F5-40F9-8681-C7BE94D2F3E1.jpg7E4F29E5-954B-40BA-9BBE-B24F44F2EA2B.jpg
辺津宮の宗像大社が総宮であり、沖津宮は第二宮・中津宮は第三宮と称して御分霊をお祀りしているそうです。
こちらまでお参りすると、宗像三女神全てにお参りしたことになるそうです。

  
そしてその奥まで進むと…
2FC0491D-6179-402D-BE77-D40FC299341A.jpgABE1BE73-0362-4663-9C80-0DB9DAE5E2C7.jpg
こちらが高宮斎場です。
沖ノ島と並び宗像大社で一番神聖なところだそうです。
空気がピン!と張っている感じがしました。

今回の旅の目的は、宗像大島へ渡り、宗像三女神に参拝することでしたので、それら全てを達成して大満足の帰路となりました。

おまけの一枚は、JR博多駅1番ホームのラーメン店、プラットラーメンナンバー1。
こちらのラーメンを食べずには帰れません。

9BBF6031-F2D4-4CB2-A8A8-70E8A5A8EB04.jpg
posted by counter at 12:53| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

宗像大島2

沖津宮遥拝所をお参りしてから、レンタカーで大島をぐるっと1周回ってみました。
9C0901DA-E1E2-44FA-B535-E0DDEB71162A.jpg
砲台跡から見る風車展望台
9D8F52EA-08FD-48FB-99CA-9315CBE0624D.jpg29A46351-06A1-4014-82B9-40F7EFC03585.jpg23D58FD3-E682-4205-9C91-513848806068.jpg
大島灯台
BF8CCBCB-62B4-4FE6-A74E-20D8E9C9DE8E.jpgC44CF217-91EB-418D-9D44-3779B38F75DC.jpg6FEFDBC0-86A8-45EF-A919-4010B6CB166D.jpgD186A078-8878-4493-BF9B-539EB4DB9440.jpg0FEB8A96-E1CE-493E-85E8-CD0CC02A8BA4.jpg

青い空と海と雄大な景色を満喫して、宿に向かいました。

民宿灯明の宿藤島での夕食です

33763A02-D0FA-415C-9DC7-61D08C01941B.jpg2人前の舟盛り
玄界灘の鯛・スズキ・カンパチ・ヤリイカ・サザエ

1A815304-5C73-4942-9C40-187C7DECD8E9.jpgE393A9F0-9560-4626-B37D-AAD768B5783F.jpg
穴子蒸しは酢味噌で
AEDB4DBA-DCB6-4FE7-9B01-6D89A24C213A.jpg
ヤリイカは柔らかくて美味しかった
8A0AEB97-44E4-4328-9B76-10164E6EC517.jpg
鯛の兜煮 天然鯛の甘みが最高
63F0ED32-CBE0-4DE1-8327-5EAA7F69460F.jpg
生カマスの天ぷら
4414D190-D4E2-4E1F-A36E-6A4B4155A648.jpg
そうめんとあかもく
鯛の兜煮の煮汁をかけて食べるそうです。
(私には甘かった!)
お酒は、地酒3銘柄の利き酒をしましたが、純米吟醸2種より本醸造の沖ノ島というのが美味しかったです。
とても2人前とは思えない舟盛りは、頑張って食べましたが完食出来ませんでした。
宗像大社3に続きます。




posted by counter at 16:14| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宗像大島

法事を終えて、宗像大島へ向かいました。

宗像三女神の次女タギツヒメの中津宮と、沖ノ島のタゴリヒメを望む沖津宮遥拝所があります。

宗像大社は、だいぶ前に初詣で行ったことがありましたので、世界遺産になったことを機に尋ねることにしました。

95F0D94C-251D-4039-B2B5-E7960E5BC8D3.jpg
905E082F-09D8-457A-8979-1575BB665EDC.jpg135B1C98-3FAA-4329-A07A-0F259BAFCADE.jpg
海の色も空の色も澄んでいてキレイです。

お昼時でしたので、近場の食堂でお刺身定食を食べました。
29BCAF3F-C47A-4295-8470-CBE6BAC065EF.jpg
もちろん鮮度バツグンで美味しかったです!

94CB360D-4EFB-4C22-9040-C04978BA0EFA.jpgBF9D8F5E-6305-4ABB-8597-D0460E22DC15.jpg06A9B163-0004-447C-833F-887F19249AB2.jpg32D52C16-6C43-432C-9A7D-FD211C1CC804.jpg
中津宮です。
御朱印も頂きました。
D9FAC2F1-188B-49E2-8224-C90AEB4DDF74.jpg0DF153C0-0821-4544-8BF0-30DCF87EE342.jpg
沖津宮遥拝所の御朱印も頂けました。
95BEA38B-0A4D-4355-8661-90EC862C480C.jpg
中津宮は海を眺めるとこんな感じ。 


中津宮の宮司さんにお話を伺うと、沖ノ島の沖津宮へは宗像大社から神職1名が10泊11日で沖ノ島の社務所に詰めるのだそうです。
(現在、沖ノ島には神職の方しか立ち入ることができません)

朝、素裸になって海水で禊をし、白衣を纏ってお勤めをし、11日目に次の方と交代をするそうです。
禊は、真冬でも同じ様にされるとお聞きしました。大変なお勤めですね。

FD75EBBD-4723-4F9E-8643-830E4EEF0D65.jpg07ECA79C-A49E-4240-B496-E97E296CE732.jpg5B07B68B-6272-4724-8F55-AD0098563470.jpg
こちらが沖津宮遥拝所です。
この日は残念ながら、沖ノ島を見ることが出来ませんでした。
パート2続きます。
posted by counter at 09:32| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

福岡

法事で福岡へ来ています。
昨日は英彦山(ひこさん)の麓で、鳥のモモ焼きと温かいだご汁の昼食を頂きました。


5F829056-07C9-464B-AC9B-06B10F995ECD.jpg1CC64D90-7F68-4A95-8FAC-2F424083925A.jpgFBDA16B0-92C4-4ACB-B790-30D757F806A3.jpg
上に乗っているのは自家製の柚子胡椒です。
とてもフレッシュで柚の良い香り。
モモ焼きは、皮はパリッと肉はジューシーで野趣あふれる味わいで大変感動しました!
今度、柚子胡椒も作ってみたいと思いました。



その後、嘉麻市の寒北斗酒造さんに案内されました。
8D6AB35C-DEF5-4E97-8E8C-66EE4DE617B0.jpgED6D086F-BBD8-433A-A530-2B199460EDBE.jpg
コロナ禍で生憎試飲は出来ませんでした。
火入れの純米酒を1本購入しました。


夜は福岡在住の知人に案内されて、博多中洲へ。
50EC3F06-44C0-4D8D-A2E6-31EF8D20AF48.jpg
こちらは角界の方御用達のお店だそうです。

87190432-4FC8-4E06-9BD0-228DE1FAEE0B.jpg
お刺身は、炙りしめ鯖・鯛の昆布締め・アワビ・まぐろ
どれも大変美味でした。


C7F6B20C-047E-405E-88D9-5C1ECFE9EEFF.jpg
こちらはクエの焼き物。
白身の上品な脂と、塩加減が良い塩梅で唸りました。

この後にフグの唐揚げ。


F7915000-35CC-4F39-977B-4EFE66E05E33.jpg

こちらは鯛とクエのアラ炊き。
申し分の無いほっこりする一品。

DC52AF0C-E5DD-42D2-928A-5AC8ACCDA5F3.jpg
雑炊にしますか?おにぎりにしますか?
と聞かれて、おにぎりを所望したら、こんな立派なおにぎりが!

まぐろやイカ、胡麻におかか、カイワレ…。
もちろん美味しいに決まっています。
これもそのうち真似しよ〜っと♡

お腹いっぱいでこれでホテルへ…と思っていたら、「もう1軒スナックへ」とのことで、すぐ近くのお店へ。
ママさんは、同行者の同級生らしいです。
博多弁でキレの良い、カッコイイ方でした。

昼も夜も堪能大満足な1日目でした。






posted by counter at 09:17| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

日本酒の日に乾杯!

10/1・2に日本酒の日に乾杯!と題して、いろいろな日本酒を提供させていただきました。

C4454E67-09EA-4FB7-A3D5-A3480BFA0F3E.jpg
眞澄 突こし  長野・宮坂醸造
限定酒の純米吟醸 酒米は美山錦×2山田錦 55%

乾杯酒にピッタリの、爽やかなフルーティさ。
ガス感もあり、美味しい日本酒を味わう日の一杯目として申し分がない…と思います。

786EB66F-D6A4-49F7-A0A0-E398A90DF5A3.jpg

高知土産で購入した松尾酒造のお酒、松翁の本醸造。四国米松山三井を65%の精米

現地の試飲で、山田錦の次に飲んだこちらの本醸造が美味しかったので購入してきました。

飲んだ次の瞬間に「梨🍐!」と呟いたのはこのお酒でした。本醸造も美味しいものは美味しいのです。

5DBE3512-A889-4037-9E13-CF4FCFCBAEBA.jpg

早瀬浦は、福井県美浜町の漁師酒で+7の辛口。
ひと夏越した夜長月と名付けています。
ちょうど中秋の名月あたりでしたので、ピッタリのお酒。
まぐろのお刺身としめ鯖(10/1)や、
帆立のお刺身(10/2)に合わせました。

4A6B91BB-FD3A-41ED-8302-3F8DBAC0355F.jpg

4銘柄目は、和歌山の雑賀(さいか)ひやおろし
純米吟醸でお米は雄町ですが、案外スッキリしていました。さつま芋入りの秋の煮物と。

645A457F-3DF1-4165-A81D-522587DD381B.jpg

こちらは新潟県魚沼市の緑川。
雪洞貯蔵の緑です。

言わずと知れたお米の産地ですから、美味しいこと間違いなし。
越淡麗という地元産のお米と、豪雪地帯の雪解け水を地下から汲み上げて軟水で仕込み、かつ雪洞貯蔵。
サラッとした口当たりでありながら、後から旨みが追いかけて来る…といった感じでしょうか。
秋鮭のフライタルタルソース添えと合わせてみました!

33F46921-531D-4582-AB7F-78E5F7044BAE.jpg
常連さんの撮ってくださった写真をお借りしました!(事後報告でスミマセン)

A16B820A-3667-4707-BEDE-35A638FC5DAA.jpg

最後は、旨味の鍋島(佐賀)です。
兵庫県特A地区の山田を60%精米した特別純米です。
正規取り扱い店だけに出ているお酒です。
鍋島の旨味とチリチリとしたガス感が特徴です。
安定した酒質で鍋島ファンが多いのも肯けます。



1869ED1E-0654-4D5B-8065-E7A8555A25C1.jpgCDE555CA-F4AA-43C8-9D43-C9EB58947463.jpgAFA9A55A-B1E2-4FD2-9C80-770030611DEA.jpg
96FFCEB3-8D70-4EE2-AD59-7B777C318DEC.jpg

一部の方にはこちらの4銘柄もお出ししました。

お料理は、
1.蕎麦米入り根菜汁
2.山形浸し豆・干し柿入り白和え・切り干し大根
3.まぐろとしめ鯖 またはまぐろと帆立のお刺身
4.さつま芋入り秋の煮物
5.秋鮭のフライタルタルソース添え
6.タコ飯焼きおにぎり

ご来店いただきました皆様、ありがとうございました。

今週は、8日(木)と9日(金)に営業致します。
ご来店の方は、下記へご連絡下さい。
090-6133-6829
bar.counter0209@gmail.com

来週も15日木曜日と16日金曜日の営業になります。
宜しくお願い申し上げます。






posted by counter at 08:03| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

本日は日本酒の日

今日は日本酒の日です。

予約のみの営業ですが、「日本酒の日に乾杯!」ということで本日と明日は、いろいろな日本酒を揃えてお料理と共に楽しみます。

137B22EF-7954-4C0E-A1F0-9E0F41210EE0.jpg3C5663B4-2529-49BA-8B00-15FBF052C0BB.jpg
267C09A5-889F-41D7-85F8-2ACC314D656A.jpg
0934C47E-CFFC-4279-9B31-6FF036E063DE.jpgD5D3F34F-AEC0-4D9C-868A-E48294D5A3E7.jpg8C680ADC-616C-4B61-9E80-A89B1967B6F4.jpg

今日明日の日本酒は、この中にある銘柄も無い銘柄もいろいろです。お楽しみに!


来週以降の営業は、後日このブログに掲載いたします。
posted by counter at 11:34| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする