酒 処 c o u n t e r チルアウト日記

2020年02月26日

島根の吉田酒造さん

銘酒「月山」でお馴染みの島根県の吉田酒造(株)さんを訪問しました!

651808D9-AFD2-4964-97CE-44F6F47750A5.jpg

月山の名前の由来は、 安来市にある月山(標高184m)。 
戦国時代、ここには月山富田城(がっさんとだじょう)といい、 自然の地形を生かしたお城作りは難攻不落と名高く、ゆるやかな山の上に建っていることから「天空の城」とも呼ばれていました。
この山の上から出る月が美しいとのことで
昔の人が「月山」と名付けたそうです。

2B8524C5-DE5F-468D-AAE6-C6F8F5BD85DF.jpg

これが月山です。
吉田智則社長自らがお出迎えくださり、杜氏の方がご案内してくださいました。

F0DE9CB5-8CEC-443D-B751-E81F94E460F1.jpgA0E22688-84D4-43E6-A3BE-D79AC4B718A6.jpg869A4AB2-9021-4426-BDDC-5E4CF53A22B6.jpgA8DFE62F-316A-4160-8717-83EE98626D82.jpgDBC8D131-AD4E-427E-89A9-C59D5F0B609E.jpg

こちらは5月の全国日本酒鑑評会に出品するお酒の候補選びだそうです。

たくさんのお酒の中から4種類飲ませていただきました。
「どれが良いと思いますか?」と聞かれて私が選んだのは、「確かに美味しいけれど、まだ先の5月では味が変わるから…」と、先を見越して選ぶのだそうです。

長年培ってこられた感どころ、なんでしょうね。

杜氏さんの丁寧な熱のこもったご説明に、すっかり時間の経つのも忘れておりました。
吉田酒造さんは販売もされているので、お店用に購入して来ましたので、皆様是非
「いつ飲んでも美味しい島根の月山」を
お試しください。

E0B1DCA9-B1D6-44F1-BA10-741113BDB71C.jpg92D0EFD5-A22C-4F22-A062-A936D11A744B.jpg

いつもニコニコされている吉田智則社長と杜氏の方。
posted by counter at 11:25| 酒蔵探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

「春の魚貝と海苔と酢飯」

21日の「春の魚貝と海苔と酢飯」は、こんな具合になりました!

9F232315-F818-49C7-9140-F7DB44A6A1C8.jpg84F9AA23-78AB-47F2-893A-E3F9C82CE8EA.jpg

魚貝は、赤貝・帆立貝・雲丹・いくら・甘海老・まぐろ・鰆です。
他に、玉子焼き・赤蕪の漬物・奈良漬け・ガリ・大葉・かいわれ大根。
生海苔の味噌汁(信州こし味噌と越後辛口味噌の合わせ味噌)
鶏肉だけの茶碗蒸し

海苔は、有明産の焼き海苔。
酢飯は、当日の朝精米した山形産つや姫・ミツカン寿司酢昆布出し)

半切り海苔4枚を好きな大きさに切って、思い思いに召し上がっていらっしゃいました。

この日のお酒は、次の通りでした。

7D0104A2-AE49-4B83-BEAA-24A2FFE03D39.jpg5BC1B8F4-9738-4F3E-8AFB-05F376A61A7F.jpg8091E369-5CF6-46FC-95AC-B2A29CA86891.jpgF4B01E00-13F9-4D61-A1D7-B7269E3253D7.jpg

お料理がメインでしたので、お酒はいつもより控えめに飲まれている方が多かったですね。

お酒を安価に飲ませるところはありますが、これだけの新鮮なネタを格安で一度に食べることはなかなか無いので、皆さんに喜んで頂いて良かったです。

明日2/25(火)〜27(木)までお休みさせていただきます。
28(金)は営業致します。
posted by counter at 05:44| 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

連休前ですね

昨日は「暇だなぁ〜」と、のんびり今日の仕込みをして、気がつけば9時。
今年初めてのノーゲストか…と、諦めて片付け始めた時に、懐かしいお客様がお二人でご来店くださいました。

名前もすぐに出て来ないくらいの、お久しぶり。確かcounter初期の頃のお客様です。

お名前を「あ」から辿っていき、思い出しました!

聞けば会社が丸の内へ移ってから、新橋が遠くなった…と。

でも、「たまーにお店を覗くといつもいっぱい」と仰います。


月曜日と木曜日はcounterは静かです。
ゆっくりのんびりされたい方は、是非月曜日か木曜日にいらしてください。


火曜日と金曜日は常連さんがお見えになるので、和気藹々と楽しく飲めます。


今日はお知らせしました通り、
「春の魚貝と海苔と酢飯」です。


仕入れに行って来ました。

4D97545B-FD67-421A-8664-42A4F4962E31.jpg23BF02A5-2ED7-4FB5-88A9-5CC0221358C3.jpg
69FD36B6-305B-4D72-ABAB-E64CA3FE4762.jpg70FBC3A4-98D6-4585-B310-9B4153E6D59E.jpg

雲丹と帆立貝に甘海老と赤貝。
まだまだありますよー❗️

ご来店の方には、時々この様なお知らせをしておりますので、またの機会をお楽しみ。



posted by counter at 11:19| 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

コロナウィルスの影響…

だんだんと思わぬところで日本人も感染しているコロナウィルス。
こうなったら、どこでいつ感染するかわかりませんね。

人混みに行かない、マスクを着用して、手洗いとうがいをまめにする…。


この間、医療従事者が身内にいる人から聞いたのは、「目からの感染が危ない」とのこと。
ゴーグル着用というわけにはいかないから、さしずめメガネ着用でしょうか。



メガネをつけてマスクをするとメガネが曇る…。
鼻にあたるところを内側へ1センチ折り、4つ折りのティッシュペーパーをマスク内に当てると曇らないのだそう。

暖かくなって来ると、マスクも面倒です。

とにかく早く終息してほしいです。

うちだけではないと思うけど、お客様来ないし商売上がったりです。

市場の仲買さんも大変そう。
飲食店のお客さんが来ないから、仕入れも減らしているのか、ずらっーと並んでいた魚もなんだか寂しい品揃え。


ニュー新橋ビルの4階は、ご覧の通りの静けさです。


38301DBD-5950-4990-92ED-E631F031876D.jpg649C29BD-682B-456C-A303-BC275699D815.jpg6CC1F939-50B6-41E1-B6EF-D84335777C90.jpgD7B7D79D-A68D-4B1F-99B0-A704A4D293AD.jpg

counterにもこの時間(20時)お客様がいません。

こんな時だからちょうど良いのかもしれませんが、
来週24日(火)〜27日(木)までお休み致します。
明日は、「春の魚貝と海苔と酢飯」という企画で予約満席です。
28日金曜日は通常通り営業致しますので、宜しくお願い申し上げます。



posted by counter at 20:53| 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

自家製味噌作り

昨年、八海山の「千年こうじや」のワークショップで、初めての味噌造りを経験しました


半年後、ほったらかしにしておいたお味噌を食べてとても美味しかったので、今年は最初から自分で造ってみようと思い、キットを取り寄せました!


茹でて潰した大豆が送られてくる簡単コースもある様ですが、せっかくなので大豆を茹でるところからやってみようと思い取り寄せました。

土曜日に届いて、昨日の日曜日に仕込むつもりでいたのですが、豆を浸しておくことを忘れ(ボケ!)、日曜日の夕方1キロの大豆をたっぷりの水に浸けました。


1C54EA4A-5D2C-45A1-841A-2CA2FBC35AD6.jpg
0886D4C1-0290-4209-AAFF-505011D3BFF0.jpg

朝さ起きて見てみると、たっぷりの水は全部大豆に吸収されていました。
浸した写真は撮り忘れました。
大きな鍋にたっぷりのお水を入れて、煮たつまでは強火です。

03F7DE3F-1998-48BE-9D04-C2516EFA3DF7.jpg
C24BF3B8-82B0-40CE-815E-74DD191FD9AE.jpg

煮立つとアクが出てきます。
雑味を残さない様に、これを何度も何度も丁寧に取って、弱火で5〜6時間煮るのだそうです。圧力鍋を使う方法もありますが、今回は初めてなので時間がかかってもレシピ通り行います。

煮始めて3時間半、親指と人差し指で潰せるくらいになったので、豆と煮汁に分けて煮汁も少し残しておきます。

豆を潰していくのですが、最初はマッシャーでやってみました。

12604EF1-609A-4538-B4A2-4EA34DAFA969.jpg

1/3を潰すのに一苦労💦
気の遠くなる作業に、諦めてフードプロセッサーに変更しました。

475B7310-EEB2-4582-BD98-293094BB9717.jpg

これは楽ちん。

なんせ出来上がり4キロなもんで、やはり2つに分けてこれからの作業をします。

6B02CA2F-F2D1-403A-B045-13672EAF4879.jpg
これで半分!

先に米麹と塩を混ぜ合わせ、そこへ潰した大豆を入れ、ざっくり混ぜてからしっかりと練っていきます。

塩は今回はこちらにしました。

2DD46188-4CA8-4DA6-8999-83D8904B001B.jpg

新潟の海の塩。
100%天然の日本海の海の水を汲み上げて、煮詰めて作った塩です。

そしてまとめて味噌玉を作ります。

78E7631B-FBD5-4CE1-BAE3-28E9EAA4EFFA.jpg

出来た味噌玉を、タッパーにグーパンチで空気が入らない様に押しつけながら入れていきます。最後は表面を均して塩を振ってラップで密閉。
43F05F88-67EE-4859-92C2-7EF429DA687F.jpg

これで仕込み終わりです。
塩は雑菌が付かないように。
ラップで密閉して半年寝かせます。

さあ、どんなお味噌になるのでしょうか?
楽しみです。

A9FD4511-05D2-48F6-9F5D-56AAEFBD759E.jpg

これは昨年仕込んだお味噌。
そろそろ1年になります。
大事に使って来ました。
大豆の甘味が出ていて美味しいです。

現在お店ではお味噌を、やや甘口の信州こし味噌・やや辛口の越後の粒味噌・京都の白味噌・そして愛知の八丁味噌を使い分けています。
どうぞ味の違いをお楽しみください。

posted by counter at 09:31| 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

12年目に入ります

7日金曜日と10日月曜日に、心ばかりのお酒とお料理で11周年感謝デーを開催させていただきました。

6F6143B2-9078-4F25-B7B7-423955B013A7.jpg

お酒のラインナップは、
7日は、山形の東北泉の純米大吟醸
10日は、十四代
以下
町田酒造美山錦直汲み
楯野川純米大吟醸無我
島根の月山芳純辛口
奈良のみむろ杉無濾過生酒
でした。


お料理は、

海老しんじょ、またははまぐりと菜の花のお吸い物
まぐろと帆立としめ鯖又はイワシのお刺身
あんこうの唐揚げ
牛すじ煮込み

CD801B37-66AE-4502-9125-55B017E3E6B6.jpgA663F031-0588-4614-BECA-425515BE1972.jpg7FC749F6-65B8-4FB0-AA98-3F11B916DDA9.jpg0FFFA5F5-0442-4610-96E3-CC5CF46A8F2A.jpg


5DF99D47-3AD4-4DA8-85A7-01A22DD49E37.jpg

金曜日は楽しく賑やかな顔ぶれで。

2E297768-5188-4BE5-8EC5-D291C1D6955B.jpg

月曜日は落ち着いた大人の酒宴。

お花もたくさんいただきました。

73ADE494-AE33-4A7A-B286-4CA05CA2D637.jpg3BCE3961-57D3-4E80-89B2-02D888651564.jpg80809242-82D7-4481-BC67-3943A4E3B866.jpg3BD3FD39-E42F-4F74-9FE0-4BF579A7333A.jpgFCF0EA6D-FBEB-43DF-AAF5-58B966D53C0F.jpg

お休みが続くので、自宅に持ち帰って飾らせていただきました。
他にもたくさんお祝いのプレゼントを、
ありがとうございました。

12年目は無理をせずマイペースながらも、皆さまに親しんで頂けますよう続けたいと思います。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

☆お休みのご案内
2/25(火)〜27(木)は、島根・鳥取へ研修旅行のため連休とさせていただきます。





posted by counter at 15:23| 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

燗酒

昨日は、2名柄の日本酒を燗酒にしてみました。

1つ目は酒屋さんで勧められた灘の「大黒正宗」。

2A526E6C-98A4-4956-BF65-33B9F179CFD7.jpg

先週、43度まで上げて試したところ、個人的な感想ですが、あまり気に入りませんでした。
冷やで飲んでみると、山田錦の旨味はやや感じるものの、灘の男酒

…で、もう一度やってみる。
43度に上げてから燗ざましで飲んでみると、少し風味が出て柔らかくなった感じはします。
酒屋さんは「燗酒がお勧めです」と言ったけど、特に感動なし。これは燗酒にしなくていいお酒ではないのかなぁ?
酒屋さんは、ちゃんと飲んで試しているのかしら?



気を取り直して2名柄目は、秋田の「雪の茅舎」。

EACCBB00-057A-406D-8E01-D02DF714F280.jpg

そのまま飲んでみると、山廃純米の豊潤な旨味があったので、生酒ですが思い切って燗にしました。

40度で一度試飲。膨らみが足りないかな?

2度上げて42度で再び飲んでみると、
ふわぁ〜っとした旨味・甘みが鼻に抜けて心地良く「これは正解❗️」と思いました。

常連さん皆さんで、燗酒の試飲をしていたのですが、全員から感動の声が聞こえて…「あー良かった!」。

美味しい燗酒に出会えれば、とても幸せな気分になります。
これからも是非いろいろと試して行きたいと思います。




posted by counter at 11:56| 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

昨日は節分、今日は立春!

昨日は節分でしたね。
豆まきしましたか?
恵方巻食べましたか?

小さい子どももいないし、家族も揃わない我が家にはどちらもありませんが、恵方巻は買ってみました。


FCCEFAD2-EA86-4C14-B692-9F11DF413E6D.jpg

お店でお客様にも召し上がっていただきました。
今年は西南西を向いて食べるんだとか…。

一体いつからそんなブームが出来たのででしょう?
クリスマスケーキといい、恵方巻といい、予約までして購入する気にはなりませんが、たくさん作られた食品を廃棄するのは反対です。



そして今日は立春。
こちらもいつから始まったのか、「立春搾り」。
counterは、最初から千葉の「甲子」です。
いろんな蔵元さんがあるようですが、立春搾りは1本で良いかな。


酒販店さんは蔵元まで行って、ラベル貼りやトラックの積み込みのお手伝いをするそうです。ご苦労様です。

今日は、おでんと馬刺しと立春搾り。

☆11周年感謝デーは両日とも満席になりました。ありがとうございます。

posted by counter at 10:49| 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする