突然ですが、皆さんは、うな重を食べる時にどんな風に食べていますか?
先日、鰻屋さんへ行った時の家人のマナーが気になり、調べてみました。



1.蓋は?
左手でお重を押さえ、右手で蓋を取ります。そのあと、この蓋をどうしますか?
邪魔だからって、お重の下に敷いてはマナー違反なんですね…。
塗り物は重ねたりすると傷が付きますから、蓋は右側へ裏返しにして置くのが正解だそうです。
(この写真では上に置きました)

2.どこから食べる?
どこから食べたっていいじゃないか…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、向かい合って食べる場合は、相手の器の減り方なども目につきます。
お重物・どんぶり物の上だけを食べてしまってご飯が残っているのは、あまり美しくありませんね。
右利きの方は、左手前から右に向けて食べ進めるのがマナーです。

3.お重を持っていいの?
食べ始めはお重は重いので、持ち上げて食べるることはないと思いますが、半分まで食べると、向こう側に残っていて食べにくくなります。
この時は、さりげなくぐるっと180度回転させると食べやすくなります。
残り少なくなると食べにくくなりますが、私は最後まで、左手を添えて、お重を傾けながらも持ち上げずに食べます。

お重を持って食べるのは、マナー違反ではないそうです。
ただ、男性にありがちなのが、お重に口をつけて、かっこんで食べること…。
これはマナー違反です。
美しくありませんし、品が無い…。

先日はこれで家人と揉めました!

上に乗るものとご飯は一緒にたべていくもの、ご飯をかっこんではいけない…と子供の時に教えられました。

どんぶりは庶民的だから許されても、塗り物自体が本来は高級な器なので、大切に扱います。
それにその場の雰囲気も考慮したいですね。

鰻は結構お値段も張りますし、ちょっと高級イメージで、接待や会食にも使われます。
これから土用の丑の日に向けて、そんな場面も多くなるかと思います。
美しい所作を身につけて、美味しい鰻を楽しみたいものです。