酒 処 c o u n t e r チルアウト日記

2017年06月26日

夏風邪

2週間くらい前から夏風邪をひいてしまいました。

声が出なくなったり、微熱と頭痛が続いて、病院へ行った結果、副鼻腔炎と声帯炎という診断でした。

あまりに治らないので、再度病院へ。
「薬を飲んでいても治らない」と訴えたら「体力が無いから」と言われてしまいました。
ここへ来て、一気に疲れが出て来たのかと思います…。


夏風邪をひかれている方が多いので、皆様も気をつけてくださいね。
薬・睡眠・栄養です!


さて、今日は月曜日。
20時までにご来店の方には、「サクッと飲んで三千炎!」がお勧めです。
A.お酒の肴いろいろに、お好みのお酒3杯(ビール・日本酒・焼酎・ハイボール)

B4B4BC3C-C156-456C-9CD6-D245615D8F91.jpg

太った入梅イワシ。
たまには塩焼きでお酒に合わせたいですね。

posted by counter at 12:20| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

花巴 水酛

以前お出しした花巴の速醸、覚えていらっしゃいますか?

酸度が高く、ちょっと変わったお酒でした。
昔風の日本酒というか…、でも嫌な味わいではない、酸味の強い不思議な味わいで「これはこれで美味しい」と思わせるお酒でした。


同じ花巴でも、今回は水酛。

B55731F6-AD84-4C6D-BDBE-530D4A1AFFA0.jpg

チーズやヨーグルトわ思わせる香りで、口に含むと甘味と酸味が膨らんで、しかもお米を感じる不思議なお酒です。

お米は吟のさと。
日本酒度は不明。
酸度は4.0

水酛の造り方は、
白米を水に漬け、その中に少量のご飯(炊いた)を入れて、3、4日間置いておくと濁って、泡も立ってくる。これをざるで濾して、入れていた白米は蒸し、麹と前記の濾過した水で仕込みをすると、7日間くらいで酒になる
とありました。


冷酒で、ぬる燗で、または熱燗で試したところ、熱燗が好評でした。

夏酒と言われるサラッとした軽めのお酒の多いこの時期に、何か物足りないなぁ…との感じる方には是非お勧めです。

posted by counter at 17:07| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

山形の生酒頒布会 6月

昨日は、山形の生酒頒布会の6月分を持ち寄り、飲み比べをしてみました!

27C9A44E-B7E2-42DC-8365-71E9633F2C18.jpg


6月の銘柄は、
男山  山形市  
豊国  寒河江市
花羽陽  大蔵村
上喜元  酒田市
和田来  鶴岡市
東の麓  南陽市

すべて純米吟醸の生詰です。


お料理は、
鴨の燻製・もって菊のくるみ酢味噌和え
昆布巻きかまぼこ・佃権のごぼう揚げ・おかひじきとキクラゲの和え物・白バイ貝煮・鮪のアボカド和え・スッポン汁・赤魚の煮付け・ホヤの燻製


79D45BB9-15CD-49A0-8732-9EF832FC97A5.jpg

最初のお酒、男山で乾杯して、先ずは次々に飲んで行きます。

今回私は風邪で体調不十分のため、乾杯だけです。これ以降は、皆さんのご意見を聞いていきました。


何も食べずにお酒だけでも美味しいと感じたのは、最初の男山。
こちらは山形の新しい酒米「酒未来」を使っています。風邪で味覚もおぼろげながら私も美味しいと思いました。皆さんの意見の中には、ちょっと辛口や温度が上がった方が美味しい…との意見もありました。
最後の東の麓も美味しいとの声が。


あとは、どちらかと言えば食中酒らしいです。
食中酒として評判が良かったのは、千代寿・花羽陽。和田来は、温度が上がると美味しさが増すとのことでした。

味覚や好みは人それぞれですから、ご自分の好みのお酒が見つけられたらそれで良いかと思います。

それにしてもこの会は、穏やかでゆっくりお酒を楽しめると喜んでいただいて、こちらも嬉しいです。ご参加の皆様、ありがとうございました!


57EAEAD0-1722-4D24-A6B6-48801F28540E.jpg


☆本日は都合により10時閉店とさせていただきます。
posted by counter at 17:31| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

本日はご予約の方のみの営業となります!

本日は、山形の生酒頒布会をご購入いただいた方を対象にした試飲会を行います。
大変申し訳ございませんが、ご予約の方のみになります。宜しくお願い申し上げます。


3010A288-0241-4B18-8FB5-1616B01F44EA.jpg

posted by counter at 16:40| Comment(0) | 山形のお酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

今年も町田酒造さんの会❗️

金曜日は、町田酒造さんの会をしていただきました。

F49FF6F5-2305-4D72-B85A-BF371233175A.jpg


町田酒造さんの会は、今年で5年連続です❗️
1つの蔵元さんに毎年続けて来て頂いているのは、やはり当店では人気があるからです。
「好きなお酒は?」というアンケートでも、ダントツ1位でした。

CB4B7A6D-A241-4CE2-A2A7-845C48BADA20.jpg

こちらが町田酒造さんの町田晶也社長。


今回飲ませて頂いたお酒とお料理です。

1.MAX大吟醸  ✖️  ハモの落とし
2.町田酒造 雄町  ✖️  老舗佃権のおでん
3.町田酒造 美山錦 ✖️  カボチャのコロッケ
4.町田酒造  ✖️  自家製鮎の一夜干し
5.町田酒造  ✖️  鰻茶漬け


ハモの落としとおでんは写真を撮り忘れてありません。

C0919E63-A693-4591-BF77-022E2BE37795.jpg

こちらは、たまには変わったものを…と作ったカボチャのコロッケです。少しカレー味。


260811F2-192D-4E6A-A779-C4535C889749.jpg

鮎を買って来て、一夜干しを作りました。


E6FBBE5A-F05F-4BAD-9390-8095851434DB.jpg

鰻ご飯に特製出汁をかけた鰻茶漬け。



町田社長の目指すのは、「1番手か2番手に飲むお酒」と何度も仰っていました。
これってお酒だけで美味しいキレイなお酒のことですから、お料理に合わせるのは難しいですね。

町田酒造さんのお米の銘柄別で醸している事を考え、何とかメニューを立てて見ましたが、果たしてどうだったか…。ご参加された方は、感想をお願いしますね!


会の前後にいろんなお話になりました。
2011年の3月12日土曜日(東日本大震災の翌日)に開かれた、「若手の夜明け」という試飲会に参加し、全蔵元さんのお酒を飲んだ上で、同行した3人が一致して「一番美味しかったのは町田酒造!」ということになってからの始まりです。


その翌週にはお店に置いてありました。
「町田酒造さんのお酒を飲んでから、日本酒を飲む様になった!」という方の多いこと…。

お店にとって、焼酎barから日本酒barへ移行していくきっかけになったお酒に間違いはありません。

前橋まで行って見学させて頂いたことも2度あります。そして毎年のお酒の会…。
来年は申し訳ないかな…?と思っていたのですが、また来年も来て頂けそうですし、「蔵にもまた遊びに来てください!」と言って頂けました。
ありがたいことですね。

町田酒造さん、お酒の会をありがとうございました❗️



B8EBA8E0-699F-42B1-B64F-DE515654416E.jpg

ED63D5CB-6090-4302-94CE-7800552D59DD.jpg

A7A29335-28EA-4D7A-B764-2D638110BC70.jpg


posted by counter at 12:24| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

本日休業します

不覚にも風邪をひいてしまいました。

咳・熱・頭痛・喉と最悪です。
先週、研修旅行でお休みを頂いたばかりで、心苦しいのですが、本日はお休みさせていただきます。大変申し訳ございません。
気温の変化が激しいので、皆様もお気をつけください。
posted by counter at 16:37| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

山形研修旅行 4

山形研修旅行、まだ続きます。
小屋酒造さんの見学の後は、最上川川下りです。

250E4D71-A735-44AD-8EB6-EE05F6D3DA89.jpg

44E3F64E-FFD2-49B3-90BA-572991B2C97E.jpg
025D27F5-07E3-4006-9FCF-A7B090B0E178.jpg

薄曇りで、べた凪。最上川は穏やかな流れ。

D9248523-6059-4284-973F-A2D8BC1FC737.jpg

いくつか滝も見えて…。
船頭さんが唄う、最上川舟唄を聴きながらお弁当。のどかなひと時。


FF294514-B091-4C51-8918-EEEEDE190A0A.jpg

竹皮で編んだオシャレなお弁当箱。
中身も美味しかったです❗️



お腹もいっぱいになり、次は温泉マニアのお客様から教えて頂いた肘折温泉へ。

122413D1-E5DB-4917-87C2-F661889D9C52.jpgBAC3A178-D4F0-4661-809A-639A46E5137E.jpg905EC31D-11E8-4C52-A503-7E891C9896C7.jpg

ちょっと熱めの炭酸泉。お肌に優しい感じです。外の新緑も美しい。


6997CCA9-E4CE-409A-93E2-040D0A8A588B.jpg

オススメされた、カルデラサイダートマト味も探して飲んでみました。不思議な味のトマトサイダーでした。

BA9DAC9B-24D3-423B-876B-946156A15A7E.jpg

こちらも「是非食べて来て!」と勧められた、ずんだ団子に納豆餅。
ずんだ団子は、甘さ控えめ。
納豆餅は、初めて食べたけどクセになりそうな美味しさ。





1泊2日の山形研修旅行。
山形酒フェスタでは、山形県酒類卸さんの皆様に声をかけていただき、counterにお越し頂いた蔵元さんにもご挨拶が出来ました。

短い時間でしたが、行きたいところ、食べたい物、全てを堪能出来た素晴らしい旅となりました。

お世話になりました山形県酒類卸株様・サッポロビール南東北支社様・槙様、ありがとうございました。お礼申し上げます。



posted by counter at 17:28| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山形研修旅行 3 小屋酒造

山形研修旅行の2日目は、山形県酒類卸(株)さんのご案内で、歴史のある小屋酒造さんを見学させていただきました。

4EB53632-77D7-42F8-9BA8-223FE780EA84.jpg

DD11C2C3-A228-458F-9430-1D01798A4BA4.jpg

小屋酒造さんの創業は、1593年だそうですから400年以上の歴史のある酒蔵さんです。
小屋和也社長は、第二十六代当主でいらっしゃるそうです。
お座敷に通されて、お話を伺いました。

0CAA8B06-C228-4C38-B8D9-2267ED292639.jpg

小屋酒造さんはその昔、福井で廻船問屋を営まれていらしたそうです。
現在の最上郡大蔵村に移られて、舟運荷役(最上川を人や荷物を輸送する上で、上流につれ川幅が狭く浅くなるので、小さい舟に積み替える作業)をされ、他に庄屋・問屋・本陣なども業とし、酒造りは1953年からだそう。

大きな商いをし、本陣も兼ねていらしたので、新庄藩・庄内藩・米沢藩との繋がりもあり、参勤交代の時にはこちらのお酒も飲まれたとのことです。

8260DE43-4583-40F9-8EAA-D3F94199A0BE.jpg

本陣の玄関に掛けられたもの。
今で言うと「〇〇様御一行様」的な…。


45BF9DD9-CB0A-42C0-A2FF-1BCDEC700BCA.jpg

金箔が張られて金ぴかであったと思われる襖。



B630B44D-A465-406F-B984-C03113CF485D.jpg

土蔵造りの部屋から立派な庭を臨む。


小屋社長は、お酒は地の物の料理と一緒に楽しんでこそ美味しい…と仰います。
最近は、酒だけで楽しむ甘いお酒が多いと。
そういうお酒が鑑評会の金賞を占めているそうで、食中酒にもっと大事にされても良いのではないか…という様なことを熱く語ってくださいました。


余談ですが、現在月一で開いている山形の生酒頒布会の飲み比べは、まさにお酒だけで美味しいお酒と、料理とともに楽しむお酒の違いを実感してみる…という試みで開いております。


お酒談義に花が咲いた後、見学をさせていただきました。

8A2672FB-2861-4685-B3BF-A01F7390F09E.jpg

ハシゴを登って、タンクを上から。
初めて見る光景です。

5C2624A8-1C8F-4C4E-A3C9-23D345165CB9.jpg

試飲をさせていただきました。
右から、花羽陽純米吟醸酒・花羽陽辛口吟醸・最上川純米酒・花羽陽コシヒカリ純米吟醸。
好みは辛口吟醸かな。

一番の目的「絹」も飲ませていただきました!
…が、写真は撮り忘れてしまいました

C2CD85B6-1D3F-453B-92EB-AA18F95ECCFD.jpg

こちらが小屋酒造さんの取り扱いのお酒です。
いろいろあるのですね。
お店用には、絹と、辛口吟醸を1升瓶で注文してありますので、お楽しみに。

67FC53AB-CE67-46A6-A540-D301734B1E04.jpg

posted by counter at 16:55| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

山形研修旅行 2

山形研修旅行の夜は、お世話になっているサッポロビールさんと懇親会です。


2014年の酒フェスタに参加したあとに、訪れたお店…。
十四代の飲み比べが忘れられず、もう一度あのお店に行きたいとお願いをしておりました。


5FECD09A-3670-4253-8DC4-B2D47935A688.jpg

懐かしい!このお店です❗️
早速十四代の飲み比べを注文しました!


DC043F5F-3DFA-4395-80A6-0D6407A657DA.jpg

左から、
中取り純米・本醸造本丸・大吟醸黒縄!


一口ずつ飲んで行きます。
真ん中の本丸はcounterでも時々有りますが、左右2つはなかなか手に入るものでは有りません。

前回は、黒縄に感激したのを覚えています。


さて…今回は…というと、


中取り純米が一番美味しく感じられました!
純米の米の旨さが残っています。
もちろん黒縄も美味しいです!
本丸は、左右2つと比べると、食中酒の様に感じるから不思議です❗️




この後に行ったお店でも、十四代の中取り純米を飲ませて頂きました。

A587BEB4-D6CF-445E-AF49-5BAF1E2F9C4A.jpg

酒フェスタが終わり、江口部長が合流。

十四代がたくさんある様に思えますが、山形市でも限られたお店だけの様です。

この晩はこれでお開きになりました!



山形研修旅行  3へ続く。


posted by counter at 15:00| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

山形研修旅行 1

昨日の6日の朝8時過ぎに上野を立ち、山形へ研修旅行に行って来ました!

いつもお世話になっている、山形県酒類卸(株)さんの年に一度の「山形酒フェスタ」(ホテルメトロポリタン山形)に参加が一番の目的です。



ですが、着いて一番先に行ったところは、大石田の七兵衛蕎麦。


DAB4234A-4C81-445B-8993-ED8A06ADE575.jpg

大根おろしの絞り汁に濃いめの蕎麦つゆが入ってます。手打ちのやや太めのお蕎麦には、七味をかけて食べるそうです。
食べ放題だそうですが、右側の丼で2杯目は少し残しました。

お腹がいっぱいになって、次は温泉♨️です。


47C2D9B4-1EED-4919-A972-54496DABBEAE.jpg

どうしても入りたかった百目鬼(どめき)温泉

田んぼのど真ん中にある温泉です。

967CB96C-7CF8-4A09-B7D3-D0E0996C61A1.jpg



B6685A1B-442C-474F-8FA0-F3D3613E4A58.jpg

湯あたりしそうなので、さーっと入りました。

「早く酒フェスタへ行かなくちゃ!」と気がせきます。


B6128D56-01D5-4235-8C0C-43289E710030.jpg

3EDB64A6-6FFC-4810-B053-750A7EE4B4FE.jpg

鏡割りでスタートです。
一番左にいらっしゃる方は、counterでもお馴染みの山形県酒類卸(株)の江口部長、一人置いて山形県の吉村知事。女性の知事さん。

3517D512-92D6-4D42-BB2E-D82B4E2FFD8D.jpg

こちら業務店対象の1部ですが、2部は一般の方対象。チケット(2,000円)は、500枚が発売日に完売という人気振り。

4月にお酒の会でお世話になった、秀鳳さんの幕が見えます。

B10CBB6A-71E6-4610-B80D-B911A94C6B18.jpg

山形県の新しい酒米、「雪女神」
大吟醸クラスのお酒に使われるそうです。
小屋酒造さん、六歌仙酒造さん、和田酒造さんのお酒を味わいました。

その他、奥羽自慢・大山十水・あら玉・鯉川などを飲ませて頂きました!

もっと時間があったら、ゆっくり試飲が出来たのに…と残念でした。

続きはパート2で…。


posted by counter at 20:24| Comment(0) | 気まぐれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする